電話エッチ

 

エロチャットをしてオナ指示を出してからセンズリ鑑賞をさせる 彼氏が私が側にいるとは知らずに友達と電話をしていました。その内容は私を馬鹿にするような内容でした。「あいつ、俺と別れたらもう彼氏ができる自信がないから俺の言う事なんでも聞いてくれる犬みたいな存在だよ。電話エッチもやろうと言えばばやってくれるし最高だよ。」ムカつきました。でも、間違ってはいなかった。彼の言うことならなんでも聞く。電話エッチもするし、彼がもし私以外の女と浮気しても私はそれを見なかったことにも出来る自信もありました。何故なら私が彼氏のことをそこまで好きではないなく、全ては彼の親が経営している会社に父がお世話になっているために付き合っています。 私の父は以前は自営業をしていましたが破産してしまい彼の父親と私の父が友達ということもあって借金も肩代わりしてくれてそのまま彼の父親の会社で働くことになりました。そんな彼の父は私の事を気に入ってくれます。彼と私が付き合うことになったのもある意味親同士の縁談。彼は彼女がいないから付き合ってもいいよという上から目線でした。私は彼の親から嫌われないように、彼のわがままも全て聞いています。でもそれもあともう少しの辛抱。父の借金もあとわずかで返済。そして、もうすぐ退職だから会社との関係も終わる。 そして、父が定年退職の日になんと彼が私にプロポーズ。彼の友達も見守りながらのレストランで告白しましたが、私は断りました。「あんたみたいな男と結婚したら私の人生終わりだわ。さようなら。」その言葉に驚き私を引き止める声が聞こえたけれど振り向きませんでした。 チャットエッチアプリ ライブチャットアプリ

 

 

 

2style.net