パトロンの意味

 

出会い系アプリ 詳細は書けないが、パトロン募集サイトと言うものがある。パトロンの意味はいろんな解釈があると思うが、このサイトでは、性的関係を前提としたスポンサーという考えでいいかと思う。愛人との大きな違いは、自立するまでの金銭的サポートという側面である。 パトロン募集する女性はやはり水商売関係が多い。自分の店を持ちたいと言う女性だ。中には結構お堅い職業の女性が、独立して起業したいと言っているケースもある。 自分の体と引き換えに男性からお金を引き出すのは、売春と何が違うのか?と眉を顰める方々も多いとは思う。しかし、私は肯定している。女性ならではの武器があるならどんどん使うべきだし、世の貞操関連の概念は形骸化している現代なのである。 ただ、女性とやりたいだけの男は、それこそ売春すればいい。パトロンの意味とはビジネスでもある。1発やって幾ら払う、などと言うものではない。相手の女性の存在そのものを投資として買うのだ。そのため、男性には投資を含めて女性一人を養えるくらいの財力が必要になるわけだ。そのため、だいたいの男性は財力の壁にふるい落とされることになる。 私もネットビジネスでそこそこの財力はあるつもりだ。人生もだいぶ落ち着いてきて、そろそろ自分もパトロンになってもいい年代になったと思っている。それでパトロン募集サイトに登録をしてみた経緯である。 そこで目を付けた女性が一人いた。彼女も独立して起業したいと考えている女性であり、ビジネスマンの目から見てもそこそこ実用性のありそうな内容だった。仮に上手く行かなくても、必要以上にのめりこまなければいい。サクッと関係を切ればよいのだ。 こうして、私はその女性のパトロンになった。ものすごい勢いで私の財産は食いつぶされていったが、その分は私も彼女とのセックスを楽しんだ。お金にはある程度の余裕がある。ヤバくなったらパトロン契約を終了すればいいだけで、彼女とセックスできなくなるのは惜しいが、パトロンはあくまでも道楽であり、自分の身を亡ぼすほど人生を賭けるものではない。私は私の腕の中で喘ぐ彼女をそんなつもりで抱いていた。 そして、私は自己破産した。今、彼女は私のもとを離れて新しいパトロンを探しているらしい。 プチ援女子 プチ援掲示板

 

 

 

2style.net