パコる

オフパコを成功させる法則を覚えて3人のオナ友をセフレにしました 私はネットアイドルをしていた。 以前ほど騒がれなくなったので過去形だけど、結構人気あったんだよね。 ただ、オフ会なんかでよくファンとパコるから、変なファンの人が増えてやめちゃったんだよね。 そんな日にとあるサイトを見ていると、「オフパコOK」なんて書き込みがあったんだ。 折角だから、「じゃあ、私とパコる?」って書いてみたら、すぐ返事が来て待ち合わせすることになった。 待ち合わせ場所にいた男性は同年代くらいで、サラリーマンって感じだった。 私はフリーターってやつだったから、ちょっと気後れしちゃった。 とりあえずパコるの目的だったから、待ち合わせてすぐホテルに直行。 二人でお風呂に入った。 お風呂場でお互いの身体に泡をつけながらイチャイチャ。 彼は手についた泡を私の身体に擦り付けて来る。 執拗に何回もおっぱいばっかり洗うから、気が付いたらおマンコがぐちゃぐちゃで、お湯なのか愛液なのかわかんなくなっちゃってた。 そんな私を見て、彼は面白がって、彼の上に座らせた。 私はおマンコの中にグイグイと彼が入ってきて、苦しいけど気持ちよかった。 彼は挿入したまま私を持ち上げるとそのまま湯船に入った。 湯船の中で動くから、おマンコにお湯が入ってきて、まるで彼のものを出され続けてるようで、熱くて変になっちゃいそうだった。 泡ぶろの所為で触れ合う肌がぬるぬるとしていて、もう頭の中もトロトロ。 彼が腰を動かしながら、おっぱいを触るから気持ちよすぎて、私もおマンコ締め付けちゃった。 二人で何度もいきまくって、少しのぼせちゃった。 その後もベッドの上でおっぱいを触りあったり、オナニーし合ったり、すっごく楽しめたんだ。 やっぱりオフパコはいいなぁ〜って彼をを見ながら考えてたの。 今度は誰とパコるかなぁ〜そんなことを考えながら、私は眠りについた。 即ハメ タダマン

 

 

 

 

2style.net