当面の目標は腹筋を割ること

見出し

【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債(国債など)や短期金融資産の運用で利益を得る投資信託です。取得から30日未満という定められた期間に解約した場合⇒手数料に罰金分も必要となるのです。
ですから安定的であることに加え精力的なこれまでにない金融市場システムを生み出すためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関及び行政(政府)がそれぞれの抱える解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければならない。
FX(外国為替証拠金取引)とは、簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨を売買することで証拠金の何倍もの利益を出す取引である。ほかの外貨預金や外貨MMFと比較してみても利回りが高く、さらに為替コストも安いのがポイント。はじめたい人は証券会社やFX会社へどうぞ。
日本証券業協会(JSDA)とは、国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の株券や債券など有価証券に係る売買等の取引を公正で円滑にし、金融商品取引業界全体の堅調なさらなる発展を図り、出資者の保護を協会の目的としている。
平成10年6月のことである、大蔵省銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るものを分離することで、総理府(当時)の内部部局ではなく新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)として新組織、金融監督庁ができあがったわけです。


西暦1998年12月のことである、総理府(現内閣府)の外局として大臣を長と定める機関、金融再生委員会が設置され、現在の金融庁の前身である金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管理下に2年以上も配された過去がある。
格付けによるランク付けを使用するメリットは、難解な財務資料が理解できなくても格付けによって、その金融機関の経営状態が判断できるところにある。ランキング表を使えば2つ以上の金融機関を比較することまでできる。
これからは安定的で、なおかつ活力にも魅力があるこれまでにない金融システムの構築を実現させるためには、銀行や証券会社などの民間金融機関及び行政がそれぞれが持つ解決するべき課題に精力的に取り組んでいかなければいけません。
よく聞くコトバ、ロイズの内容⇒ロンドンのシティ(金融街)の世界有数の保険市場であるとともにイギリスで議会制定法で法人であるとされた、ブローカーそしてシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合そのものを指す場合もある。
西暦1998年6月、大蔵省(当時)銀行局や証券局等の所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務のセクションを分離・分割して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局、新組織、金融監督庁を設けたのです。


きちんと知っておきたい用語。外貨MMF⇒国内であっても売買することができる貴重な外貨商品の一つである。同じ外貨でも預金と比較して利回りがかなりよく、為替の変動による利益は非課税であるというメリットがある。証券会社で誰でも購入できる。
Y2Kともいわれた2000年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)から金融制度の企画立案の事務を移管させてそれまでの金融監督庁を金融再生委員会の指揮監督する金融庁に組織を変更。21世紀となった2001年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
名言「銀行の運営、それは銀行の信用によって成功するか、そうでなければ融資する値打ちがあるとは言えない銀行だと評価されたことでうまくいかなくなる。どちらかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)が預金保護のために保険金として支払う現在の補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円以内"のみ。日本国政府、民間金融機関全体がさらに民間金融機関全体の三者ががそれぞれ3分の1ずつ
最近では日本の金融・資本市場における競争力を高めることを目的とした緩和のほか、金融システムのますますの質的向上が目指されている取組や試みを積極的に実行する等、市場だけではなく規制環境に関する整備が推進されているのであります。

金融や投資商品で稼ぐ為に

2style.net