オナ見せ

 

オナニーの見せ合いをする仲となった女子大生 コロナ始まる前の数カ月、オナ見せのお小遣い稼ぎしてたんだ。 ちょうど失業してて、次の仕事が決まるまでの間って割り切って。 そのあと、年明けてから仕事が決まって、それで辞めた。 オナ見せのバイトも楽しかったよ。 失業中で、人と話す機会がないからね。人恋しいじゃない?やっぱり。 自分の時間を誰かのために使いたいって欲求がやっぱり人間にはあるからさ。 誰かと話してる、誰かと一緒にいる、誰かにちゃんと認識されているっていう確信を得るには、オナ見せが一番効果的だと思ったな。 コロナが始まって、まだ私はこれと言った仕事してなかったんだけど、自宅で仕事するようになってね。 逆にそれが良かったんだよね。 担当の上司に仕事を一から丁寧に教えてもらえたし、自分のペースで仕事できたし、分からないところや、間違えは上司がちゃんとチェックしてくれたりフォローしてくれたり。 それで、徐々に難易度の高い仕事まで任せてもらえるようになって。 オンラインでの仕事のお蔭で、上司や他のスタッフの人とも信頼関係ができたと思う。 もともと、人間関係って苦手で、打ち解けるのに時間がかかるタイプなんだよ。 だけど、オンラインの仕事だと時間通り、約束通り、言われた通りにこなす相手に対しては、無条件で信頼できるじゃない? 対面での仕事よりは、信頼関係が築きやすかったんだ。 オナ見せの時も、オンラインってことで、どこかで気楽だったし。 だって、オナ見せの時って雑談そんなしなくていいじゃない? やることやれば、お互いに盛り上がってくるしさ。 自然と打ち解ける距離感、こういうことが大事だよね。 オナ電 オナ電

 

 

 

2style.net