神待ち

 

ホ別苺  最近、神待ちの女の子を探すようになりました。 家出していたり、ネカフェ難民だったりする女の子は、神待ちを心から望んでいる女の子が多い。 食事や宿泊先、そして何よりお風呂に入りたいって気持ちがあるようですね。 数人の神待ちと出会うようになり、これが理解できた気がします。 食事と、お風呂の提案をすると、かなりの確率で会ってくれたりもするし、裸体を重ねあわせることも出来るんです。  基本は、自分の住んでいるワンルームマンションに連れ込むこともあるのですが、ラブホテルを利用することもあります。 先日の神待ちも、ラブホテルの大きなお風呂でくつろごうと誘い出したところ、待ち合わせに応じてくれました。 年齢23歳のフリーターです。 遊里はネカフェ難民状態で、かなり疲れきった表情でした。 宿泊先がラブホテルということで、相手も十分承知していたのでしょう。 肉体関係も、すんなりでした。  遊里は久々の大きな風呂を見て、興奮状態。 「ゆっくり入ってもいいよ。背中も流したあげようか?」 「うん」 少し恥ずかしがりながら返事をしてくれました。 彼女の服を脱がす。 初対面の相手の裸を目の前に、心と股間が興奮を始めます。 勃起したチンコのまま、彼女と一緒にお風呂に入る。 そのまま彼女の胸の膨らみを触る。 全く拒否されませんでした。 ゆっくりとお風呂に入って、彼女も本当にリラックスができたようでした。 購入してきた食事を食べ、しばらく休憩させた後、2人の大人の繋がりが始まりました。  性的な快楽は不安な気持ちを払拭することにもつながります。 だからなのか、やたら乱れてくれる。 フェラも積極的でした。 ドッキングして激しくズボズボ。 「あんあん、ああん、あっあっあっ、いいっ」 ものすごい声を上げながら、彼女も快楽にどっぷりと浸かっていく感じでした。  助けて欲しい女の子は、食事と風呂。 これを提案してあげることで、高い確率で連れ出せますよ。 このことを頭に入れながら、上手にやりとりすればパコパコも夢じゃありません。 プチ援掲示板 プチ援交

 

 

 

2style.net