プチ援

ホ別苺 久しぶりに会った友達は痩せてとても綺麗になっていました。どうやって痩せたのかと尋ねると、運動は苦手で食事制限も苦手だからエステに通っていると言っていました。エステは高いイメージ。彼女の仕事は美容師。給料もそんなに良くないはずなのに安いお店でも知っているのかなと思い尋ねると「知らない。安いお店って何を使っているか怖いから逆に行かないかも。」と、言う彼女。ではどうやってそのお金を貯めているのかと聞くと教えてくれませんでした。 ところが、彼女が私が働く飲食店に男性と一緒にやってきました。彼女はそこに私が働いていることは知らなく、私は今回座敷担当という事もあって顔を合わせることはありませんでしたがその男性からお金を貰っている姿を目撃しました。しまいには店から出るときは手を繋いでいました。彼女には年下の彼氏がいたはず。一緒にいた男性は年上に見えました。プチ援でもしてお小遣いを稼いでいるのかなと思ってしまいました。 それから数ヶ月後にまた彼女に会いました。相変わらず痩せていて身につけているものが派手になっていました。私は思い切ってプチ援でもしてるのかと尋ねると彼女は否定もせずに認めました。エッチなしでもお小遣いとかくれる男性がいるよ。私にその男性を紹介してあげようかと言われ写メを見たら以前彼女といた男性でした。綺麗になった彼女を見てそんな簡単にお小遣いが手に入るなら私もやってみたいと思ってしまい、紹介される男性は見た たことあるし、彼女に紹介してもらうことにしました。 デリヘル業者 出張ヘルス

 

 

 

 

2style.net