見出し

覚えておこう、保険とは、突然起きる事故によって生じた主に金銭的な損失を最小限にするために、よく似た状態の複数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、集まった資金によって突如発生する事故が発生した際に保険料に応じた保険金を給付する制度です。
銀行を意味するバンク(bank)という言葉はイタリア語のbancoが起源である。ヨーロッパ最古といわれる銀行。600年以上も昔、15世紀の頭に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァ共和国で設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
きちんと知っておきたい用語。保険は、突然発生する事故が原因で生じた財産上の損失の対応のために、賛同する複数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、整えた資金によって事故が発生した際に定められた保険金を給付する制度です。
ポイント。株式についての基礎。債権ではなく出資証券(有価証券)なので、出資を受けた企業は株式を手に入れた(出資した)株主への返済しなければならないという義務は発生しないと定められている。最後に、株式の換金は売却という方法である。
覚えておこう、外貨預金って何?銀行で扱う外貨建ての商品を指し、円以外の外国通貨で預金する。為替レートの変動によって発生する利益を得られるけれども、同じように損をするリスクもある(為替リスク)。


簡単にわかる解説。外貨両替について。たとえば海外旅行だったり手元に外貨を置いておきたい人が活用するのだ。ここ数年、円に対して不安を感じているのか、外貨を現金で保有する場合も増えている。気をつけなければならないのが、為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる点である。
一般的に株式を公開している企業であったら、事業の活動を行っていくための資金集めのために、株式以外に社債も発行する企業がほとんど。株式と社債の一番の違いは、返済する義務があるかないかである。覚えておこう。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった平成22年9月14日、日本振興銀行が破綻(倒産)しました。こうした事態に、初めてのペイオフが発動することとなり、3%(全預金者に対する割合)程度、しかし数千人を超える預金者が、適用対象になったのだと考えられている。
【解説】ペイオフって何?予測不可能な金融機関の倒産という状況の場合に、預金保険法の規定によって保護可能な個人や法人等の預金者の預金債権について、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事である。
最近では日本の金融市場の競争力を高めることを目的とした規制緩和だけではなく、金融に関する制度の更なる質的向上が目指されている試み等を積極的に促進する等、市場そして規制環境に関する整備が常に進められているのだ。


いわゆるデリバティブとは?⇒伝統的なこれまでの金融取引、実物商品、債権取引の相場変動によって発生した危険性から逃れるために発売された金融商品のことであって、とくに金融派生商品とも呼ばれる。
つまり外貨MMFとは何か?現在、国内で売買してもよい外貨建て商品の一つ。外貨建ての商品でも外貨預金と比べて利回りがかなり高いうえ、為替の変動によって発生する利益が非課税なんていうメリットがある。すぐに証券会社で購入しよう。
抑えておきたいポイント。株式の詳細。出資証券(つまり有価証券)であり、株式に記載されている企業には当該株主に対して出資金等の返済する義務は発生しないとされているのだ。最後に、株式の換金方法は売却のみである。
日本橋に本部を置く日本証券業協会、ここでは証券会社等の行う有価証券(株券や債券)の売買の際の取引を厳正で円滑にし、金融商品取引業が健全なさらなる振興を図り、投資者を保護することが目的。
つまりペイオフとは何か?防ぐことができなかった金融機関の破綻のとき、金融危機に対応するための法律、預金保険法で保護するべき個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度を指します。


コツコツ貯めたお金でローンを組む
2style.net