見出し

民営化されたゆうちょ銀行から受けることができる貯金などのサービスは2007年に廃止された郵便貯金法の規定に基づいた「郵便貯金」と異なる、民営化後は銀行法の規定に基づいた「預貯金」に準ずるサービスなのです。
一般的に外貨MMFとは?⇒例外的に日本国内でも売買することができる外貨建て商品の一つ。外貨預金と内容を比べると利回りがかなりよく、為替の変動によって発生する利益は非課税であるというメリットがある。興味があれば証券会社で購入しよう。
銀行を表すBANKはイタリア語のbanco(机、ベンチ)という単語に由来する。ヨーロッパでは最古の銀行には驚かされる。600年以上も昔、当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で生まれたサン・ジョルジョ銀行である。
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債、短期金融資産で運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものです。取得してしてから30日未満に解約してしまうと、もったいないけれど手数料に違約金分も必要となるということである。
なじみのあるバンクについて⇒イタリア語のbanco(机、ベンチ)という単語が起源である。ヨーロッパ最古とされている銀行とは600年以上も昔の西暦1400年頃に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァ共和国で生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行なのです。


つまりスウィーブサービスというのは預金口座と証券取引のための口座、2つの口座の間で、株式等の資金や利益などが自動的に振替えてくれる画期的なサービス。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み作戦なのです。
ということは、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)が投資信託などファンドを作って、さらに運営するためには、恐ろしいほど数の、業者が「やるべきこと」、そして「やってはいけないこと」が規則により求められているのだ。
一般社団法人 日本損害保険協会は、主として日本国内における損害保険各社の健全な進展ならびに信用性を向上させることを図る。そしてそれによって安心、なおかつ安全な社会の実現に関して寄与することを目的としている。
金融庁が所管する保険業法により、保険を販売する企業は生命保険会社もしくは損害保険会社に分かれることとされており、これらの会社はいずれも内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社以外は経営できないとされています。
【解説】外貨MMFについて。国内であっても売買可能である外貨商品である。外貨預金の内容と比較して利回りがずいぶん高く、為替の変動による利益は非課税として取り扱われる魅力がある。証券会社で誰でも購入可能。


西暦1998年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として大臣を長にするとされている新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督を所管)は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に2年余り置かれていたことが多い。
覚えておこう、ロイズとは?⇒シティ(ロンドンの金融街)にある規模・歴史ともに世界有数の保険市場です。法の規定によって法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてそのシンジケートを会員としている保険組合そのものを指す場合もある。
預金保険法に基づき設立された預金保険機構が支払う保険金のペイオフ解禁後の補償額は"預金者1人当たり1000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"なのです。同機構は政府そして日本銀行ならびに民間金融機関全体が出資しています。
「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月11日、日本振興銀行の経営が破綻する。この件で、これまで発動したことのないペイオフが発動したのである。このとき全預金者に対する3%程度といっても数千人が、初適用の対象になったと想像される。
このように「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」の3機能をいわゆる銀行の3大機能と言うことが多く、「預金」「融資(貸付)」「為替」といった業務、最後にその銀行の持つ信用力によってはじめて実現されていることを忘れてはいけない。



99%の成功体験!
2style.net