パトロン募集

 

パトロンの作り方  私は某中小企業の事務の仕事している女です。 小さな会社だから、当然給料も安い。 でも今は、私の懐は潤っています。 宝くじに当たったのか? サッカーくじ? 全く違います。 パトロン募集に成功したからです!  将来的なことも考えれば、貯蓄なんかも、しっかりしなければいけません。 だけど給料が安いために、生活費でカツカツ。 貯金に、お金を回すのがとても大変だったりしていました。 将来的な不安がとても強く、大きい収入を得なければって気持ちになっていました。  パトロン募集しかないと考えました。 デートで、お金をくれるパパを見つける。 体の関係を作らない。 それでいて、大きな支払いをしてくれる富裕層がいるのですから。  パトロン募集に利用しようと思ったのが、人気の出会い系サイトの公式アプリです。 利用者の多さと安全性、この二つを兼ねているから、出会い系の公式アプリを使うことにしました。  男性の登録者も多く、この中からデートでお金をくれる男性を探せそうな雰囲気を感じていました。 早速パトロン募集の掲示板投稿開始。 プロフにも、顔写真を掲載。 アピールをしていきました。  タイミングが良かったのかもしれません。 想像していたより、早く連絡が到着。 開業医の50代の男性でした。 スイスイと話は進んでいき、顔合わせの時がやってきました。  顔合わせだけで、1万円の支払いが発生。 数日後に食事デートの約束にもなりました。 これ、本気でイケるなって思いました。  開業医の内科のドクターは、凄くまろやかな雰囲気。 安心感漂う優しい人でした。 高級料理を一緒に食べる。 そして封筒に入ったお金を手渡してくれました。 その金額が3万円。 目からウロコが落ちるって感じでした。  ドクターとの、お食事デートは週に1回。 月額12万円の副収入になっています。 実は、パトロン募集は今でも続けています。 もう1人、優しいパパを見つければ、さらに激しい収入になりますからね。 やらはた 処女狩り

 

 

 

2style.net