F割

 

ゴムフェラ F割相手のノンちゃんだが、何とかF割以上に持ち込めないかなーと思っている。もっとストレートに言えば、やれないかなあと思っている。 ノンちゃんはF割にしておくのはもったいない美形だ。見下ろすノースリーブの肩のなだらかなラインだけで、俺のマイチンチンポはいきり立つ。許可を貰って、肩口に手を置かせてもらうと、指先がめり込むような湿った柔らかな肉感だけで思わず彼女の口の中で発射オーライしそうになる。こうして、毎度、妄想しながら汗っかきのノンちゃんとF割してもらうのだ。 ノンちゃんは気立てもサービス精神もある子で、咥えて出してハイ終わり!ではなくて、その後のアフターティーにも付き合ってくれるので、F割にデート援もおまけにつけてくれるようなところがある。俺のくだらない冗談で頬を緩ませてくれる愛くるしさは筆舌に尽くしがたい。 F割の女の子を口説いて、セックスに持っていくにはどうしたらいいか、をずっと考えていた。お金をもう一桁積むと言う手も考えてみた。だが、お金でセックスさせてくれるような子だったら、最初から本番ありの援助交際でもっと高値で吹っ掛けてきているはずであり、F割で募集しているとは考えにくい。それ以前に、かわいいノンちゃんをお金を積んで抱くと言うのは、それこそ下卑た行為のように思えてしまい抵抗がある(まあ、F割も十分下卑た行為だとは思うが)。 結論として、俺がノンちゃんに望むのは、おそらく自由恋愛なんだろうと思う。だが、F割の割は割り切りの割であり、それこそお金のためと割り切ってマイチンチンポを咥えてくれているノンちゃんが、俺の恋愛感情のためと割り切ってマイマンマンコを解放してくれるとは思い難いし、強引に口説いた結果、敬遠されてF割さえも拒否される最悪の未来を想像すると、その一歩が踏み出せないでいる。 「さすがにセックスは、本当に好きになった男性に捧げたいな」などとノンちゃんは言っていた。ああ、俺の目の前でそう言いきるとは、俺はノンちゃんが本当に好きになる男性ではないのね、と落胆しつつ、「気づかないだけでいい人は近くにいるかもしれないよ」と、俺は最も自信のある斜め45度の角度でノンちゃんに流し目を送ってみたが、彼女は「何だかこの店暑いねー」と言いながら、おしぼりで脇の下をごしごし拭いていた。脈ナーシ! 援交アプリ 援交サイト

 

 

 

2style.net