不倫の慰謝料

アシュレイ・マディソンと日本の出会い系サイトの比較 ある時、若い男から電話があった。彼の要求はズバリ、不倫の慰謝料請求だった。 最初は早口でまくし立てる彼が何者なのかさっぱりわからなかったが、その内にようやく僕の元カノの旦那であることを知った。彼曰く「お前との関係で彼女は深く傷ついているので慰謝料を要求する」とのことだった。 僕には、彼が何を言っているのか全く理解できなかった。確かに彼女とは関係を持っていた時期がある。 その昔、ネットで知り合った彼女と僕はセフレだったことがある。昔と言っても10年以上も前の話だ。今では、お互いに別々の伴侶を経て家族を持っている。 彼女と最後に会ったのも3年前くらいにさかのぼり、今では連絡すら取っていない。風の噂で子供ができたなんて言う話も聞いていた。 僕の今の生活の中で、彼女はすっかり過去の人になっていたのだ。それが今頃何の話なのだ?だいたい、不倫の慰謝料と言っているが、もし、彼女が当時から彼の奥さんだったら、まだ僕が責められても不思議ではないが、なぜ謝罪の必要がある?彼女とセフレだったのはお互いにフリーだった頃の話だ。しかも、僕が反論しても、彼は「彼女は傷ついている」の一点張りである。 そのまま電話を切ろうと思ったが、「彼女は傷ついている」という言葉が気になった。もちろん、傷つけるようなことはしていない。最後は自然消滅だったが、嫌な思い出は一切ない。理由を問いただすと「好きでもない男に体を奪われて傷心のところを僕が助けた」と彼は言ってきた。今でも、当時のことを思い出すのか夜中にうなされることもあると言う。 それは嘘だ。お互いの合意の上で僕たちはフリーセックスを楽しんでいた。本当にいやだったら、抵抗もするだろうしあんなかわいい喘ぎ声は出すまい。僕はそれ以上の会話は拒否して電話を切った。訴えるならば訴えればいい。過去の話だ。どうせ金目当てだろう。僕が慰謝料なんてものを払う理由はない。そこで、直接彼女に話を聞こうと思ったが、彼女の携帯は既につながらなくなっていた。 その後、彼が正式に僕を訴えた。そして、明らかに違うフォーカスから僕は責められて多額の慰謝料を払うことになった。10年前、彼女は中学生だったのである。 セフレが欲しい セックスフレンドの作り方

 

 

 

 

2style.net