割り切りの募集をする

 

Twitterの援交 昔は、パパを作ってお金を貰ったり、割り切りの募集をして短時間で楽にお金稼いだりもしていました。だけど、結婚し出産してからは黒歴史として誰にも言わずに秘密にしていました。 ところが、夫がコロナで会社が倒産。しかも、体調も悪くなってしまい代わりに私が夜の仕事で働くようになりました。夜の仕事をすることに夫は当初反対をしていましたが、お金がないし、いずれは夫も仕事を始めるから夜の仕事が1番辞めやすいし、1番稼げると説得して働くようになりました。 働き始めて2ヶ月。私を指名してくれるお客さんが出来ました。その人は私にお小遣いをたくさんくれるし、すけべな行為もしないし、私としては1番好きなお客さんでした。そんなお客さんに今度デートをして欲しいと言われました。しかも、日帰り旅行。お小遣いをたくさんあげると言ってくれたので旦那には実家に行くと偽って出かけました。美味しいご飯も食べ、有名な観光スポットに行ったりと楽しい日でした。するとお客さんからキスをしてきました。「本当に君が好きなんだ。君が結婚しているのも知っているし、私も結婚している。割り切りみたいな感じではなく、出来れば愛人みたいな感じで付き合ってくれないか。」突然の告白に驚きながら昔は割り切り募集をしていても今はしてないし、この人といるのは本当に楽。たまには夫のストレスもこの人に会うだけで解消する事もある。だから私は彼の愛人になることにしました。 援交募集 援交サイト

 

 

 

2style.net