お金助けて

 

愛人募集掲示板 好きなことをやって生活できればどんなにいいことか。と誰もが思う。 しかし、経済活動を行わなければ生活の礎になるお金は増えない。そして、何もやらなくてもお金は減っていくと言う現実がある。 悩ましいところだ。結局のところ、好きでもない仕事に就いて、その中から好きになれるものを見つけていかなくては人生は続けられないと思っている。 ただ、仕事はあくまでもお金を稼ぐ手段という考え方もあるが、これには僕は懐疑的だ。好きでなければ何事も続けられないと思う。 じゃあ、僕の好きなことはなんだろう?と考えると、セックスだ。かわいい女の子を抱いてケツの穴を舐めて膨張したチンコをマンコの中でシュポシュポすることが大好きだ。 ただし、セックスで稼ぐならAV男優か逆風俗くらいしかない。しかし、商売にしたらつまらないだろうなとは思う。女の子だったら誰でもいいわけではないし、自分が満足してもお金もらえるほど相手を満足させられるかどうかは別の話だ。 結局のところ、高い金を払って風俗に行くか、援助交際サイトで「お金助けて」と言っている女の子を拾ってセックスは満たすしかない。好きなことでお金を稼ぐのではなくて、好きなことでお金を失うのだから、これが現実だ。お金助けて!と叫びたいのは僕の方である。 援助交際の女の子も、僕みたいな男に抱かれるのは決して本意ではないはずだ。セックスが好きなので援助交際しているなんてことはありえまい。ただ、まともに就職してお金を稼ぐよりはマシという判断もあるのだろう。せめて嫌な仕事の中でも喜びを見つけてもらいたくて僕は丁寧に抱いてあげているつもりだ。 僕もまあ現実的に今やっている仕事は続けられそうにない。やっている内に好きになるだろうとも思っていたが、やはり心身ともにつらくなる一方だ。せめて援助交際している女の子で僕のような男にも優しく接してくれる存在ならば、損得勘定抜きにしてお金助けてあげたいとは思っている。 というわけで、本意ではないのだがゲイのおじさんにケツの穴を舐められに行ってきます。 タニマチ募集 金づるの作り方

 

 

 

2style.net