イメージ

ウェーブフロントについて

ウェーブフロントは、視力矯正手術のひとつである「ウェーブフロントレーシック」において利用される方法で、角膜や水晶体の収差を解析する手法です。ウェーブフロントアナライザといわれる、解析装置でデータを測定したり分析するのです。

ウェーブフロントレーシックでは、近視や遠視・乱視などについて総合的に角膜形状解析を行い、そのデータをもとにして、ウェーブフロントアナライザというガイド役の指揮のもとレーシック手術が行われます。

従来のレーシックでは、角膜の形状異常に対しガイドはいませんでした。それと比べると、ウェーブフロントレーシックでは、角膜高次収差に対して解析をおこなうわけですから、乱視の矯正については理論上有利といえます。

ただし全ての症例に有効なわけではありません。円錐角膜などの角膜形状異常には適応できませんし、ハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣ります。

さらに、乱視の種類によっては、乱視用眼鏡の矯正にすら劣る場合もあるのです。手術はすべてについていえることですが、完全はありません。

あらゆるリスクを考え、そのリスクを冒すだけのメリットがあるのかどうかをよく熟慮したうえで、施術するかどうかの判断をすべきでしょう。


Copyright (C) 2008 視力回復をめざして. All Rights Reserved.
2style.net