イメージ

イントラレーシックについて

最近、めがねやコンタクトレンズを使用せずに視力の回復、矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人が増えています。

最も一般的なものは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)ですが、その一形態として「イントラレーシック」という、視力矯正手術があります。

イントラレーシックと一般的なレーシックの違い

大きな違いは、フラップといって、角膜に作るフタの作成方法にあります。通常のレーシックの場合、「マイクロケラトーム」という電動カンナのような装置でフラップを作成します。

一方、イントラレーシックでは、イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成します。これによって、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能になるのです。

通常のレーシックの場合でも、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能とされています。しかし、カンナ部分の往復運動が原因で、フラップの断面に、若干でこぼこが生じたり、ヒンジといって、フラップのつなぎ目の部分が斜めになることがあり、このために、まれにシワが生じることがあるのです。

一方、イントラレーシックの場合は、コンピュータ制御によってフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常に精巧な仕上がりになります。

さらにイントラレーシックのほうが、従来のレーシックよりもフラップを薄く正確に作成することが可能なことから、角膜実質層を削りとれる量が増えます。そのため、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することができるのです。

ただし、層間角膜炎(DLK)が発生したり、フラップの作成や接着に時間がかかる、といった欠点も指摘されています。


Copyright (C) 2008 視力回復をめざして. All Rights Reserved.
2style.net