イメージ

エピレーシックについて

近年、視力回復と矯正のために、従来のめがねやコンタクトレンズではなく、手術という方法を希望する人が増えてきています。最も一般的なのは、レーシックですが、そのほかにもエピレーシックという手術があります。

エピレーシックというのは、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方法の一つです。

エピレーシックでは、エピケラトームと呼ばれる器機を使用して約50マイクロメートルの角膜上皮のみの薄い蓋、「フラップ」を作成します。

フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生します。そのため、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはなく、ここが通常のレーシックとは異なる点です。

エピレーシックは、PRKやラセックなどと同様で、分類としては表面照射という術式に入ります。この手術では、他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去します。

そして、角膜実質層を削ることで視力を回復するのです。エピレーシックは、新しい術法であることからまだ安全性が確立されているとはいえません。利点とリスクをよく理解したうえで手術を受けるかどうかの判断をするべきです。


Copyright (C) 2008 視力回復をめざして. All Rights Reserved.
2style.net