>

 

CARDASSIA.GIF - 3,552BYTES

 

 カーデシア連合 The Cardassian Union

主星 カーデシア・プライム

友好勢力 ドミニオン 

艦船 ガロア級 ヒデキ級 など

カーデシア料理

1000年以上前、カーデシア・プライムでは現代のカーデシア人の祖先にあたるヘビシア人による文明が栄えていた。800年ほど前にベイジョー人が太陽帆船を使って訪れたときには平和的で信仰にあつかった。しかし、惑星の資源が乏しかったことにより貧困と飢餓が発生し弱体化した。そのため軍部の台頭が起こり、彼らは政権を掌握した。資源を獲得するために彼らは領土を拡大させ、ベイジョーなどを占領下においた。ドミニオンとの接触後、当初は彼らに対して攻撃を仕掛けたが、その後はドミニオンに加わり、彼らのアルファ宇宙域への橋頭堡となった。激しい戦争の後、彼らはドミニオンから解放されたがその傷跡は大きい。

21世紀初頭の地球においても主に貧困に悩まされている国で軍部が政権を握っているところが存在している。民主国家となった日本でも大きく過去四回、軍事国家となった。第二次世界大戦時を除く三回のときには一部の職業軍人による軍隊で文化、芸術なども政権下において大きく発展していた点においてカーデシアとは大きく異なるが社会の混乱期に力で政権を握ったことは四回とも同じである。

過去の地球において軍事国家はたくさん存在するがその中でも軍事にすべてをつぎ込んで有名だったものといえばスパルタだろう。ナチスドイツなど他の軍事国家においても文化はたとえ悪趣味であろうとも存在していたがこの国はそういったものはいっさい遺さなかった。ただスパルタ式という言葉のみである。農業と商工業は被支配階級にまかせ、スパルタ人自身はかれらを押さえ込むため軍事に専念していた。健康に育ちそうな赤子のみ育てられ、他の子供達と七歳から共同生活に入り、戦士になる訓練を受ける。20歳から60歳まで軍務につく。30歳を越えて一人前と認められるため、結婚してもそれまでは戦士同士の共同生活をすごす。国政参加と兵役以外は男女平等であったことはカーデシアが男女平等であったところと通じる。だが彼らはカーデシアとは異なり他国との通商はせず、と言うより鉄の貨幣を使用していたため他国の商人に避けられ、また活発な議論は軽蔑されていた。のちにかれらはアテネを占領しギリシャの覇権を握ることになるが、スパルタ式が他国の人々に受けいられず、衰退することになった。

カーデシアはまた諜報機関の発達した国である。自国民の監視を主目的としたオブシディアン・オーダーはロミュランのタル・シアーと並び強力な諜報機関で情報収集と隠密任務に長けている。


2309年 自らの問題で混乱していたベイジョーに対して支援を申し出た。

2328年 惑星ベイジョーを占領、統治を始める。

2340年 惑星連邦との間に境界紛争が始まる

2347年 惑星連邦の植民地セトリク3からの侵略を恐れていた彼らは先制攻撃をしかけ大虐殺を行った。この戦争  
     に連邦艦 U.S.S.スターゲイザーの艦長だったジャン・リュック・ピカードが加わっていた。

2351年 惑星ベイジョーの軌道上に採掘用宇宙ステーションのテロック・ノールを建設した。

2366年 惑星連邦との間で停戦合意し、境界線が定められた。

2367年 惑星連邦のU.S.S.フェニックスがキュエラ星系の宇宙ステーションを破壊した。
          
ガル・マセットはその報復に連邦艦 U.S.S.エンタープライズDを攻撃したが真相に気づいたピカード大佐により
     他の2隻のカーデシア艦を破壊したマクスウェル大佐は拘留された。

2368年 ソラリオン4の植民地がベイジョー人のテロリストによって破壊された。
            この時期、ガル・デュカットがテロック・ノールに派遣された。

2369年 セルトリス3号星において新兵器の情報収集を行っていた惑星連邦のピカード大佐を逮捕した。連邦の惑星
     ミノス・コーバの防衛計画を知りたかったガル・マセットはピカードを拷問にかけた。エンタープライズがこの
     防衛の旗艦であったからである。そのあいだにエンタープライズはマックアリスター星雲に隠してあったカーデ
     シアの艦隊を発見した。そのときエンタープライズを指揮していたエドワード・ジェリコ大佐は星雲内に機雷を敷
     設し、艦隊の撤退を要求した。その後カーデシアは資源を搾取しつくしたベイジョーからも撤退し、
     テロック・ノールには連邦が駐留することなり、ディープ・スペース・ナインに改名された。
     そして連邦はベイジョーのデノリアス・ベルトにてワームホールを発見した。

2370年 ベイジョーの臨時政府を乗っ取り、連邦をベイジョーより排除するためにベイジョーのテロリスト集団の
     サークルに兵器を供給した。
     連邦との間の非武装地帯にいる連邦入植者たちはカーデシアによる攻撃と強制移住に反発し、
     テロリスト集団マキを結成、彼らにカーデシアの貨物船が爆破された

2371年 マキのメンバーであるトーマス・ライカーにより連邦艦 U.S.S.ディファイアントが盗まれた。彼はカーデシアが
     オライアス星系にて侵略用の艦隊を作っていると考えていた。そのためこの連邦艦でそれを破壊しようと
     していた。連邦のシスコ大佐とガル・デュカットは彼を阻止しようと協力し、結果としてライカーの阻止に
     成功したが、これにより軍隊を組織することを禁じられているオブシディアン・オーダーにより艦隊が
     建造されていることが発覚した。このロミュランのタル・シアーとの連合艦隊はデルタ宇宙域にあるドミニオン
     の創設者の根拠地を攻撃するが攻撃を読まれていたため逆に艦隊を壊滅させられた。

2372年 カーデシア中央司令部は民主化を進めようとするがカーデシアがドミニオンに加わることを警戒した
     クリンゴンはカーデシアの革命政府デタパ評議会のメンバーが可変種に乗っ取られていると考え、カーデシア
     へと侵攻した。彼らはメンバーをクリンゴンの攻撃から避難させた連邦に対しDS9を攻撃した。
     その後、クリンゴンは侵攻を中止したがカーデシアはこの攻撃により弱体化した。

2373年 カーデシアはドミニオンに加わった。これによりクリンゴンはカーデシア領より一掃された。

2374年 惑星連邦のDS9を占領するが奪還される。ワームホールの生命体によりドミニオンの援軍が消滅したため、
     カーデシア領域へと後退する。

2375年 レガート・ダマールがドミニオンに対し抵抗運動をする。連邦の開発した生物兵器によりドミニオンが弱体化、 
     カーデシアはドミニオンから離脱した。

2style.net