2style.net

FX EA システムトレード

Image Replacement

EA運用を開始する前に、EAにはどのようなタイプ・種類があるのか確認してみましょう。
EAのポートフォリオのため極めて重要です。

はじめに

スキャルを極めたい方へ
9時間で418万円を利確した衝撃の手法を無料で
FX投資の心理学
軽視されがちですが、一番重要なポイントです。
損を出しにくい投資術
「損失をいかに抑えるか?」、大事なポイントをレポートされています。
専業を目指すなら避けて通れません。
投資歴30年以上のプロトレーダーが教える テクニカル分析の元祖ダウ理論


コチラのサイトでは、
簡単に各EAの成績を確認できます。


成績は極めて公平に公開されていますので、

上位陣のEAを順番に導入すれば

勝つのは極めて簡単なような気がします。



しかし、話はそう単純ではありません。


EAにはそれぞれ、タイプや属性があり、

組み合わせ方によっては、その長所や短所を打ち消しあうことも増大させることも可能だからです。

一般に、投資をするときはリスクを重要視しなければなりません。

つまり、各EAの短所を打ち消しあう組み合わせで運用させることが成功への近道なのです。

こちらではその下準備として、EAのタイプをざっくりと説明させていただきます。




※こんな事を書いておいて恐縮なのですが、EAのポートフォリオ化は初心者には極めて難しい問題です。
 しかしご安心下さい。当サイトでは、ポートフォリオに最適なEA×3個をそのまま上位3位表示しております。
 つまり当サイトをご覧の貴方は、最短ルートで最適なEAのポートフォリオを形成することが可能なのです。


EAの種類

 ・トレンドフォロー型
   相場の流れに逆らわず、順張り方向にポジションを持つ。
   一般に勝率が低く、損切りラインを浅めに設定することが多い。
   いわゆる「損小利大」の原則にのっとり、大きな利確で収益を伸ばしていく。

 ・逆張り型
   相場の過熱を見極め、反発を見込んでポジションを持つ。
   相場の流れに逆らう方向にポジションを取るEAが多く、一般に「利小損大」。
   勝率は高い傾向にあるが、コツコツドカンで利益を吹き飛ばさないよう注意が必要。

 ・ナンピン法
   ポジションを持ちある一定の含み損になったら、同じ方向にポジションを買い増しする。
   例えば、80円で買ったドル円が79円になり-100pipsを抱えたところで、もう1ポジションを79円で買う。
   思惑通り79.5円に戻れば±0。80円まで戻れば大きな利益となる。
   反面、78円、77円となった時はダメージが大きい。

 ・マーチンゲール法
   ギャンブルのベッティング法として有名な方法。
   負けたら同方向に倍のポジションを保有していくというもの。
   例えば、80円で買ったドル円が79円になり-100pipsで損切り。
   その次は79円で倍のポジションを持ち、80円に戻れば+100pips×2で+200pips。
   トータルで勝つという方法であるが、ナンピン同様、リスクは大きい。

 ・両建て法
   リスクヘッジのために、買/売の両方向にポジションを持つ。
   一見、生産性のない無意味な方法かと思われるが、
   導入するEAによっては有利な場合が確認されている。
   その方法については、当サイトからの購入特典にて公開しております。

 ・買い(売り)増し法
   持ったポジションに思惑通り利益が乗ったら、
   ここぞとばかりに次々と同方向にポジションを買い増す。
   トレンドフォロー型に極めて有効な方法であり、爆発的に利益を伸ばすことが可能。
   一方で、買い増しに失敗しても、もう一方のポジションは利が乗っている状態なので、
   その間(80円で第@、79円で第A買いポジションを持ったら、79.5円)で決済すれば、
   ±0で終えることが可能。

 ・サヤ取り法
   あまりメジャーな方法では無いですが参考までに。
   AUD/JPYとNZD/JPYなど、極めて同じような値動きをする通貨ペアを選び、
   その価格差が広がった所で、狭まる方向にポジション。
   価格差が戻ってきたら決済する、逆張り法の一種。

 ・トラップリピートイフダン
   マネースクウェア・ジャパンのオリジナル注文方法。
   指値注文をある一定間隔で複数に分散し、どれかは確実に約定し利益に繋げる。
   「相場を面で捉える方法」として、同社が推しまくってます。


その他、トレードスタイルはたくさんありますが列挙はこれくらいにしておきます。

重要なのは、自分が導入しようとしているEAがどのようなタイプかを見極めることです。



 トレンドフォロー&買い増し法なのか?

 逆張&ナンピン&マーチンゲール法なのか?

 etc...


当サイトでは、それがどのようなタイプのEAなのかを明示することで、

EAで勝つための近道となる総合サイトを目指します。


また、それぞれのEAがどのようなタイプや属性を持っているかを判断することは、

ポートフォリオ戦略の重要な位置付けと考えております。


ポートフォリオ化の詳しい戦略については、コチラの記事を参照下さい。




※こんな事を書いておいて恐縮なのですが、EAのポートフォリオ化は初心者には極めて難しい問題です。
 しかしご安心下さい。当サイトでは、ポートフォリオに最適なEA×3個をそのまま上位3位表示しております。
 つまり当サイトをご覧の貴方は、最短ルートで最適なEAのポートフォリオを形成することが可能なのです。



スキャルを極めたい方へ
9時間で418万円【無料】
FX投資の心理学
一番重要なポイントです
損を出しにくい投資術
「損失をいかに抑えるか?」
専業を目指すなら
テクニカルの元祖ダウ理論