言うべきことと言ってはいけないこと

サイトの説明文

見出し

保険とは、防ぐことができない事故が原因で生じた主に金銭的な損失に備えるために、制度に参加したい複数の者がそれぞれの保険料を出し合い、集められた保険料を資金にして予測できない事故が発生した者に保険金を支給する制度ということ。
格付け(ランク付け)を利用する理由(魅力)は、膨大な財務資料を理解することが無理でも格付けによって金融機関の経営の健全性が判断できるところにある。ランキング表を使えば複数の金融機関を比較することまでできます。
いわゆる外貨両替って何?たとえば海外旅行または外貨が手元になければいけない企業や人が利用します。最近は日本円に不安を感じて、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
すでに日本国内のどんな銀行でも、強い関心を持って国際的な市場や取引にかかる金融規制等が強化されることも見据えながら、財務体質の一段の改善や金融機関の合併・統合等を含む組織再編成などに積極的な取り組みが行われています。
紹介されることが多い「銀行の経営の行く末は銀行自身に信用があって軌道にのるか、そこに融資する価値があるとは言えないと理解されて失敗するかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)


知ってい置きたい言葉「銀行の経営なんてものは銀行自身に信頼があってうまくいく、もしくは融資するほど値打ちがない銀行であると見込まれてうまくいかなくなるかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
つまり安定的で、かつ活気にあふれた新しい金融市場や取引のシステムの構築のためには、民間企業である金融機関及び行政が両方の立場で解決するべき問題にどんどん取り組んでいかなければならない責任がある。
つまり安定的であるうえにバイタリティーにあふれた他には例が無い金融システムの実現のためには、民間の金融機関及び行政(政府)がお互いの抱える解決するべき問題に積極的に取り組まなければだめだ。
重要。「金融仲介機能」「信用創造機能」そして「決済機能」以上、重要な機能をよく銀行の3大機能と称し、「預金」「融資」「為替」という銀行の本業、最も大切な銀行そのものの信用によって実現できているものだといえる。
格付け(ランク付け)のよいところは、難解な財務に関する資料等から財務状況を読み取ることができなくてもその金融機関の財務状況が判断できるところにあるのだ。ランキング表を使えば2つ以上の金融機関の健全性を比較することも可能である。


信用格付機関による格付けのすばらしい点は、難解な財務資料から財務状況を読み取ることができなくても知りたい金融機関の経営の健全性が判断できるという点にあり、ランキング表を使えば2つ以上の金融機関同の健全性を比較することまで可能なのだ。
西暦1998年12月に、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として委員長は大臣に据える機関である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督を所管)は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に約2年半位置づけされていたということ。
つまりバブル経済(economic bubble)⇒市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)が取引される価格が無茶な投機により本当の経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの状態を指すのである。
【解説】外貨預金のメリットデメリット。銀行で扱う外貨建ての商品の一つを指す。円以外の外国通貨によって預金するもの。為替変動によって利益を得る可能性があるけれども、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
つまり「失われた10年」とは本来、一つの国であったりどこかの地域の経済が約10年の長い期間に及ぶ不況や停滞に直撃されていた10年を語るときに使う語である。
賃貸住宅情報

2style.net