FX(エフエックス):簡単に言えば外国の通貨を売買した差額によって補償金の何倍もの利益を出す比較的はじめやすい取引のこと。FXは外貨預金や外貨MMFなどに並べても利回りが高く、また為替コストも安いのが魅力である。はじめたい場合は証券会社やFX会社で購入できる。
日本を代表する金融街である兜町"東京証券取引所(兜町2番1号
多くのキャンペーンなどでも知られる日本損害保険協会は、主として日本国内の損害保険業界の正しく良好な発展、加えて信頼性の増進を図り、安心・安全な世界の形成に役立つことを協会の事業の目的としているのです。
このように「金融仲介機能」に加えて「信用創造機能」と「決済機能」、この3つの機能をいわゆる銀行の3大機能と言い、これらは「預金」「融資」「為替」といった業務さらには銀行自身が持つ信用によってはじめて実現されていることを知っておいていただきたい。
覚えておこう、外貨預金とは何か?銀行が取り扱っている商品の一つのことで、日本円以外で預金をする事です。為替レートの変動による利益を得る可能性が高い反面、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。


【用語】外貨MMFというのは現在、国内で売買してもよい外貨商品の名称(マネー・マーケット・ファンド)。外貨預金よりも利回りがかなりよく、為替変動によって発生した利益が非課税なんていう魅力がある。証券会社で誰でも購入可能。
よく聞くコトバ、スウィーブサービス⇒預金口座と同一金融機関・グループ内にある証券取引口座の間において、株式等の購入代金などが自動的に双方に振替えられる便利なサービスである。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み戦略なのです。
平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によって取り扱われているサービスは一部を除いて郵便貯金法(昭和22年-平成19年)に定められている「郵便貯金」の扱いではなく、一般的な金融機関と同じ、銀行法の規定に基づく「預貯金」に基づく扱いのサービスということ。
つまり金融機関の(能力)格付けとは何か、信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関だけではなく国債を発行している政府や、社債を発行している会社に係る、支払能力などの信用力をアナリストの意見をもとに一定の基準に基づいて評価します。
平成7年に公布された保険業法の定めに則り、保険を取り扱う会社は生保を扱う生命保険会社もしくは損保を扱う損害保険会社に分かれることとされており、これらは免許(内閣総理大臣による)を受けている会社しか設立できないとされているのだ。


紹介しよう「銀行の運営、それはその銀行に信頼があって大成功するか、そうでなければ融資する値打ちがない銀行だと見立てられて順調に進まなくなるかの二つしかない」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)
預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)が支払うペイオフ解禁後の補償額は"預金者1人当たり1000万円"この機構に対しては日本政府預金保険機構は日本政府だけではなく日本銀行合わせて民間金融機関全体の三者ががほぼ同程度の割合で
いわゆるバブル経済(economic bubble)ってどういうこと?不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産の取引価格が行き過ぎた投機によって実際の経済成長を超過してもべらぼうな高騰を続け、ついに投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態のことである。
つまりスウィーブサービス⇒開設している銀行預金口座と証券取引のための口座で、株式等の購入資金、売却益などが自動振替される新しいサービスである。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み戦略なのだ。
いわゆる「金融仲介機能」「信用創造機能」、3つめは「決済機能」以上、3機能についてを銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資」「為替」といった業務あわせて銀行そのものの信用によって機能できることを知っておいていただきたい。



フロリダメディアproject~勝手気ままに~
2style.net