SEOとは?:SEOなら賢威〜賢威マニュアル徹底レビューサイト!〜



SEOとは?

ここ最近では、SEOという言葉が全くWEBを知らない人の間にも浸透してきました。

ただ言葉だけが一人歩きをしてしまい、本当の意味をしっかり理解していない人も多いかと思われます。

そんなもう一度理解を深めたい人にむけて解説していきます。

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略称で、検索エンジンでの検索結果で、より上位に表示されるようにウェブページのソースなどを書き換えたりすることです。

例えば、手法としてHTMLのソースを文法通りに記述したり、被リンクを増やすなどをします。

SEOの需要

では、なぜ今これほどまでにSEOが重要視されているのか。

そのルートをたどると、さかのぼること90年代半ばから少しずつ始まりました。

検索エンジンという概念そのものが浸透し始め、サイトにくる手段としてURLをそのまま入力してくるというより、検索エンジンを介してくることが多くなってきました。

サイトの管理者はここに着眼して、検索エンジンに自分のサイトを登録したり、ウェブサイトを探索するソフト(クローラー)に引っ掛かりやすいサイト作りを始めました。

これがSEOの始まりです。

それからSEOに対しての需要が急速に速まり、SEO専門の会社ができるなど、昔のように素人が少しかじるだけでは太刀打ちできないものになってきたのです。

SEOでの問題

SEOが色々な方面で注目されてきて、当然問題も出てきました。

それが検索エンジンスパムと呼ばれるものです。

検索結果を上位に上げるためだけに意識がいってしまい、力技で無理やりあげるテクニックなどが出てきました。

例えば、そのページと全く関係のないワードをページにちりばめ、なおかつ背景の色と文字の色を同じにして見栄え上では見えなくしたりしてました。

ですが、検索エンジン側もバカではありません。

検索エンジンも対策を立てて、このような人為的なテクニックで上がるサイトを切っていきました。

今では、そのようなサイトはほとんどなくなり、正攻法のテクニックで上位にあげることがほとんどです。

これからのSEO

これからのSEOは、上に書いたようなスパムはもってのほかで、むしろ当初の様に真っ当なサイトが評価されていくことでしょう。

ですので、小手先のテクニックよりもまずコンテンツに重点を置くべきです。

その中身ありきのテクニックです。

ですが、最低限のテクニックは当然求められるでしょう。

テクニックというか基礎や土台というべきかもしれません。

例えば、キーワードの選定だったりHTMLの書き方などです。

基本的なことをやらないよりはやったほうが絶対にいいと思います。

ページトップへ



2style.net