2style.net

マジックキャッシュバイナリーについて

バイナリーオプション(マジックキャッシュバイナリー)は稼げるのででしょうか?

バイナリー(マジックキャッシュバイナリー)では「勝率」だけにこだわるシンプル取引で、尚且つ「上がるか?下がるか?」二者択一の仕様ですので、ロジックにごまかしがききません。簡単にいえば、同一のロジックを使えば当たり前のように全員一緒の結果になるのです。

しかもリスクが限定されているので、想定外の損失が出ることはあり得ません。1万円なら1万円。2万円なら2万円と「最大損失」が決まっているので安心して取引できるのです。


非常に簡単に解説してしまいましたので、
ここからはもう少し踏み込んでお話ししていきたいと思います。

ひとまず、「バイナリーオプション(マジックキャッシュバイナリー)」とは?
という部分から解説していきます。

このホームページでは、「なぜ勝てるのか?」という部分を具体的に解説していきますので、ノウハウを知りたい方は最後までご覧になってみて下さい。







バイナリーオプション(マジックキャッシュバイナリー)とは、株やFXといった金融商品の取引数字が、「上がるか?下がるか??」を予測する、二者択一のシンプルで分かりやすい取引形態のことです。
※バイナリーとは、英語で2進数を意味する用語のこと。

例えば為替レートのドル円が、現在83.00円だったとします。10分後にこの数字が83.01円以上なのか82.99以下なのか?を、予測するだけで勝敗が決まる、非常に分かりやすい投資だという事がお分かり頂けるかと思います。


取扱金融商品は、日経225や株、FX、CFDにも対応しており、24時間取引が出来ます。

株やFXのように、利益確定ポイントが分からない悩みや、損失がどこまで膨らむのか見当がつかないような取引ではなく、利益も損失も最初から把握できている、非常にシンプルかつ安心できる投資となります。





少しお話ししましたように、バイナリー(マジックキャッシュバイナリー)は「上がるか?下がるか?」を予測するだけのシンプルな取引です。

(例)
為替のドル円レートが、今現在83.00円だった場合、15分後に83.01円以上になるのか?それとも83.00円未満か?を予測するだけ。


通常、例題のような為替取引(FX)の場合は、エントリー(ポジションを持つ)した後、価格が上下しますが、どこで決済すればいいのか?を自分で判断しなければいけません。俗にいう「損切り(ロスカット)」や「利益確定」です。

例えばドル円レート83.00円の時に「買い」でエントリーしたとして、予想に反して価格が82円代に下がってしまった・・・。でも少し待てば、また83円代に戻るかもしれない・・・という気持ちが出てきます。

逆に、狙い通り価格が上昇したとしても、「まだまだ上がるかも?いやいや・・・もう上がらないだろ?どっちだ?」という迷いが出てきますので、利益確定も難しいものです。


こういった難しい考え方が一切無い。シンプルに「上がるか?下がるか?」というだけの取引。それがバイナリーオプションです。







バイナリー(マジックキャッシュバイナリー)の取引期間は、基本的に24時間以内に全てが完了します。最短5分で完了する事もあります。

業者や扱う金融商品によって取引期間に違いはありますが、最大で23時間となっています。


最短で5分で完了・・・とお話ししましたが、それはつまり「どうなるか分からない。」という期間がたった5分だけ・・・という事です。

要は仕掛けてから結果までが早いので、ストレスなどの心労もかかりませんし、時間がない方でもサクサク取引していけます。







相場には「レンジ相場」と呼ばれる、一定の価格間を上下したり、ほとんど動きの無い相場があり、その相場が全体の約70%を占めている・・・と言われています。

このレンジ相場では、基本的には大きく稼ぎ辛いと言われています。


しかしバイナリー(マジックキャッシュバイナリー)では、レンジ相場もトレンドが出来ている相場も関係なく、いつでも大きな利益を狙えます。

なぜなら、バイナリー(マジックキャッシュバイナリー)では「いくら価格が動くか?」という点は考慮せず、単純に「上がるか?下がるか?」だけを考えるからです。


また、取り扱い商品に「為替」がある事でお分かり頂けると思いますが、取引できる時間も24時間いつでも取引可能です。

つまり、取引時間も相場状況も何もかもを考慮した上で、「いつでも取引可能」という事なのです。


要は忙しいサラリーマンの方から主婦の方までどなたでも取り組んで頂ける新しい投資。それがバイナリーオプション(マジックキャッシュバイナリー)なのです。







買いと売りの価格差(スプレット)は、FXでは至って当たり前のことですし、この価格差が証券会社の手数料収入となっているのですが、バイナリーに関しては、このスプレットがありません。

かといって、取引事に手数料がかかるのか?と言えば、それもかかりません。詳しくは後述しますが、通常の手数料形態ではない方法を採用しているので、非常にフェアな取引が可能なのです。


また、FXでよくあるトラブルとして、荒れ相場(先日の震災時などです)では、注文した価格で約定(取引成立)しない事態が起こります。それをFXではスリッページ(スリップ)と言いますが、バイナリーでは、その性質上スリッページもあり得ません。


スリッページとスプレットが無い・・・という事は、机上の空論(俗に言うカーブフィッティングなど)でも、ロジックさえ組み上げることが出来れば、それが通用する・・・という事です。これは非常に重要な部分です。


では、証券会社は手数料無しのボランティア事業かと言えば当然そんな訳はなく、バイナリーでは配当金の還元率を調整することで、証券会社は利益を得る仕組みが採用されています。

配当金の還元率とは「ペイアウト倍率」というもので、勝ちトレードだった場合に、還元される利益の還元率のことを指します。

バイナリーでは、取引時に「投資金」を用意しますが、勝った場合、その投資金にペイアウト倍率をかけた金額が報酬として得られるのです。そのペイアウト率は1.80倍〜1.95倍、おおよそ1.90倍が平均的なペイアウト倍率です。

例えば1万円を投資し、予想通り勝った場合投資金にペイアウト倍率1.90倍をかけた、19,000円が支払われる・・・という事です。


その仕組のおかげで、スプレットや取引手数料を無しにする事が可能になっているのです。







FXでは、いくら「勝率」が良くても1回の負けで全てが吹き飛び、結果的に損失の方が大きくなる・・・なんて事はよく聞く話です。

しかしバイナリーでは、最初に「投資金」を決めて投資していますので、その投資金以上の損失を受けることはあり得ません。


つまり、純粋に勝つか負けるか?の「勝率が全て」という考え方に集約されます。

ペイアウト倍率を考慮すると、損益分岐点は勝率約54%となります。それ以上の確率で勝てるロジックがあれば、誰でも簡単に勝ててしまう・・・それがバイナリーオプション(マジックキャッシュバイナリー)なのです。







ここまでお話しして、バイナリーオプション(マジックキャッシュバイナリー)についてはご理解頂けましたでしょうか?

ここからは、実際に今からあなたにお伝えする『マジックキャッシュバイナリー』を使って、「一体いくらの利益になったのか?」という、きっとあなたが最も知りたいであろう「実績」に関してお話しします。

 

更新情報

  • あれこれ更新しました。是非見てくださいね。