当サイトのお問い合わせは、こちら→株式会社フューチャーカンパニーまで


相互リンク集

キッズ 英会話 子供英会話のEnglish Net College for kids
幼児英語 幼児英語教室のEnglish Net College for kids
メノガイア メノガイア〜中途採用ページ
スカイプ 英語 無料体験 スカイプ英語体験版はこちらまでどうぞ!


幼児期からの英語教育

 「幼児期から他言語に親しんでいた方が、覚えが早いしナチュラルになる」
 という説を聞いたことがある、という方は多いのではないでしょうか。
 これは決して単なる俗説ではなく、実際に、大脳生理学において、言語の習得と脳の発達には密接な関連性がある、ということがわかっています。
 小さいころからの英語学習が、言語への入りやすさや、外国語、というハードルを低くし、親しみ易くしてくれるのです。
 「子どもに教えられるよう、自分も」と、親子で英語を学習し始めるというケースも、最近では少なくないようです。

 ただ、情報機器への慣れ親しみ、という点で、この問題が語られることは、多くないように思います。

 幼児期からの英語は飛躍的な英語への入りやすさへと繋がることは、上記に述べました。
 更にそれがコンピュータを用いたオンライン英会話であれば、コンピュータへの慣れ親しみにも繋がり、メディアリテラシーの能力も身に付けていくことができます。
 というのも、子どもが情報機器に触れ始めるのはゲームや遊ぶことからが大半で、最初から、コミニュケーションための手段として用いる、というのはあまりないからです。
 また経験がないだけに、幼児期においては、コンピューターで人と繋がるという発想が、浮かぶことさえが難しいものなのです。
 情報化社会の現在、幼児期からの英語教育を、という視点も大事ですが、コンピューターやネットというものの、正しい使い方を学ぶ機会を作る、というのは非常に大切な経験ではないでしょうか。
 成長すれば成長するほど、閉じたコンピューターの世界から始まる、極めて狭い世界のコンピューターに慣れる、ということになってしまうでしょう。
 幼児からのオンラインでの英語というのは、利便性以外に、正しい情報機器の扱い方を教えてあげられる機会であるという点で有益であるように思います。  




1へ 3へ
2style.net