国内では未開拓の金融商品

証券CFDの特徴のひとつとして、まだ日本では知られておらず、海外では主流になっている金融商品であることを外す訳にはいきません。

これについては、既に別の項で語っている通り、まだ日本で知られていないため、今勉強しておくと後で流行った時に有利という点が大きな特徴となりますが、同時にまだ未開拓の商品である事も記しておかなくてはならないでしょう。

証券CFDは国内ではまだ無名の金融商品なので、証券CFDに関する情報が極端に少ないのが実情です。

たとえば、比較的に範囲が広く速報性の高いインターネットであっても、証券CFDを取り扱ったサイトは少なく、その内容も深く突っ込んだところはまだまだ数える程度です。

そんな状況なので、これからすぐ証券CFDで取引を始めたい人にとっては、何をどうしたらいいという指南をしてくれる環境が整っていないといえます。FXなどは、かなりその辺が充実しているのです。

FXのように充実した情報量が数多く見つけられるようになるには、少なくともあと1、2年は必要でしょう。そういう意味では、やはり証券CFDは今のところ経験者向きといえます。

とはいえ、時代は急激に変わるもの。もしかしたら明日にでも、テレビで証券CFDの特集が大々的に行われるかも知れません。有名人がブログで紹介するかもしれません。

そうなると、一気に証券CFDは有名な資産運用の仲間入りとなるでしょうから、あっという間にインターネット上に関連サイト、情報サイトが増えるでしょう。そうなるのを待つのも、ひとつの手かもしれません。


Copyright (C) 2008 初めてのCFD取引. All Rights Reserved.
2style.net