毎日が記念日

見出し

タンス預金の常識⇒物価が上昇中の(インフレ中の)局面では、上昇分お金の価値が下がる。だから当面の生活に必要とは言えない資金であるのなら、タンス預金をやめて安全、そして金利が付く商品にお金を移した方がよい。
約40年前に設立された預金保険機構が支払う補償額の上限は"預金者1人当たり1000万円以内"なのです。、日本銀行そして日銀ならびに民間金融機関全体の三者がが約3分の1ずつ
こうして我が国の金融・資本市場における競争力を強化することを目的とした規制緩和だけではなく、金融規制のますますの質的な向上が目的とされた活動等を積極的に実施する等、市場と規制環境の整備がすでに進められております。
麻生総理が誕生した平成20年9月のことである。アメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如経営破綻したというニュースが世界中を驚かせた。この経営破たんが全世界を巻き込んだ金融危機の引き金になったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけたのだ。
覚えておこう、ペイオフって何?残念なことに発生した金融機関の経営破綻に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護するべき預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事です。


ここでいう「失われた10年」という語は、ある国そのものの経済や一定の地域における経済がなんと約10年以上の長期間にわたって不況、併せて停滞に見舞われた時代のことをいう語である。
よく聞くコトバ、外貨預金とは、銀行で取り扱う運用商品の名称であって外国の通貨で預金する商品の事である。為替変動によって利益を得られるけれども、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
結局、第二種(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が独自にファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それを適正に運営するためには、とてつもなく量の、業者が「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が規則により求められていることを知っておきたい。
そのとおり「失われた10年」が示すのは、国全体であったり地域の経済活動が実に約10年以上の長い期間にわたる不況、併せて停滞にぼろぼろにされた時代を表す言い回しである。
預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)の保険金のペイオフ解禁後の補償額は"当座預金など決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円"ということ。この機構は日本政府、日銀、加えて民間金融機関全体がだいたい同じ割合で


つまり「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」、この3つの機能をセットで銀行の3大機能と呼ぶことが多く、「預金」「融資(貸付)」「為替」の基本業務あわせて銀行そのものの信用によって実現できるものであると考えられる。
簡単にわかる解説。外貨預金というのは銀行で取り扱っている資金運用商品の一つのことで、日本円以外によって預金する商品の事。為替の変動によって発生した利益を得られる可能性があるけれども、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
すでにわが国のほとんどの銀行は、広く国際的な市場や取引にかかる金融規制等が強化されることも視野に入れて、財務力のの強化や金融機関の合併・統合等を含めた組織の再編成などに積極的な取り組みが始まっています。
結局、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)が自前でファンドを作り、適切に運営するためには、気の遠くなるほど数の「やるべきこと」、それともちろん「やってはいけないこと」が事細かに法律等により決められているのだ。
すでに日本国にあるほとんどの銀行は、国内だけではなくグローバルな規制等が強化されることも見据えながら、経営の一段の強化、それに加えて合併・統合等を含む組織再編成などに積極的な取り組みが始まっています。


バツイチ親父の生き様
2style.net