ローンおチャンネル
  

  山田優のレイクは新生銀行
  

  井上真央でお馴染みのフリーローン
  

  年会費と発行手数料を一つの括りで考える
  

  国から本気で資金融資してもらうには
  

  武富士ダンス
  

  流動資産担保融資保証
  

  借換保証制度
  

  経営安定関連融資保証
  



常日頃思うところはローンについて真剣に向き合ったことが過去にあったのかということである。

どうしてそんなことをふと思うようになったかというのも、それは単にローンというものを身近に感じる出来事等があったからだ。

今のところ自己破産とか任意整理だとかに行き着くということは幸いにもないのだが、

お金に困るということの経験値は一般的な値よりも高い気が個人的に勝手に感じている。

キャッシングと簡単にいうけれど今後どれだけの人がキャッシングできるのだろうか?

総量規制が浸透してから間違いなくキャッシングはしにくくなった。

消費者金融市場をそのまま銀行が頂いたという報道もあるが、現実的には銀行は消費者金融ほどお金を甘く貸してはくれません。

甘い融資をしてくれるのは闇金融ぐらいか。それもそれで怖い世の中な気がする。

かといって総量規制前の高金利ローンも破綻者が増加する一因でもあったことは否定できない。

カードローンは誰でも一枚持っていた。持っていたというのは過去形だ。

確かに借入件数が多くなければカードローンは発行できる年齢なら一枚ぐらいは持っていてもよかった。

いや持っておきたいと思うのも普通の感覚ではないか。そう思う。

しかし今は違うんだな。発行出来ない人が結構多いらしい。

らしいというのは銀行が銀行カードローンについての与信というか審査について公表しているわけではないからだ。

今日は何丁目の何とか様が借入件数が多く多重債務者の為当行のカードローン審査に落ちましたとは情報公開をするわけがない。

審査に通過しないものを祭り上げるようなシステムはどうかと思うが、そこまでしなくても落ちた原因について触れてもいいような気がする。

一応どこの銀行も目安は予め公開はしている。それも一見ハードルは高くない気がするのだが。

定期収入とか年収200万円とか、だいたいがそのくらいだ。しかしそのぐらいでも落ちる人は落ちるようだ。

これも解釈というかね、そういったものも出てくる曖昧な表現として捉える人がいるだろうし。

アルバイトでもOKな感じではあるけど、やっぱり正社員のほうが審査通り易そうとか。

普通に常識的に考えればそうなると思うのです。

バイトより就職しているほうにカードローンは発行するだろうという意味合いは、公式サイトで質問しなくてもそうなんじゃないかって。





2style.net