きちんと知っておきたい用語。デリバティブの意味は従来からのオーソドックスな金融取引に加え実物商品や債権取引の相場の変動が原因のリスクを退けるために販売された金融商品であり、とくに金融派生商品とも呼ばれる。
結論、「重大な違反」なのか違うのかは、監督官庁である金融庁が判断をするものだ。大部分の場合、微々たる違反がずいぶんとあり、それによる関係で、「重大な違反」判定するわけです。
信用格付機関(ムーディーズなどが有名)の格付けを利用する理由(魅力)は、読む気もしなくなるような量の財務資料の理解が不可能であっても評価された金融機関の経営状態が判断できる点にある。ランキング表で複数の金融機関を比較することまで可能ということ。
麻生総理が誕生した2008年9月15日のことである。アメリカの名門投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったというニュースに世界が驚いた。このことがその後の世界の金融危機の原因となったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたという現実。
福田首相が総理を降りた直後の平成20年9月に大事件。アメリカの老舗であり名門投資銀行グループのリーマン・ブラザーズが誰も予想しなかったことに経営破綻したことは記憶に鮮明だ。このことが世界の金融危機のきっかけになったため「リーマン・ショック」と呼ぶようになったと言う事情なのである。


つまり「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」の3つの機能のことを銀行の3大機能と呼び、「預金」「融資」「為替」の基本業務あわせてその銀行の持つ信用力によって実現できているものなのだ。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法によって保険の取り扱い・販売を行う保険会社は生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社のどちらかに分類され、これらは内閣総理大臣による免許を受けた会社のほかは行えないきまり。
1995年に公布された保険業法の定めに従って、保険を販売する企業は生命保険会社か損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、どちらの会社も免許(内閣総理大臣による)を受けた会社のほかは設立できないということ。
平成10年6月、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等が所掌する事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分のセクションを区分して、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)として金融監督庁(のちの金融庁)が発足したのが現実です。
よく聞く「失われた10年」というのは、ある国全体の、もしくはある地域における経済が10年くらい以上の長い期間に及ぶ不況、停滞に襲われていた時代を表す語である。


【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債であったり短期金融資産で運用し利益を得る投資信託というものである。注意すべきは取得から一定期間(30日未満)で解約するような場合・・・これは手数料にペナルティ分も必要となるということである。
よく聞くコトバ、ロイズって何のこと?イギリスのロンドンにある世界有数の保険市場である。イギリスの制定法の規定に基づき法人と定義された、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合そのものを指す場合もある。
平成10年6月に、大蔵省(当時)銀行局や証券局等が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分のセクションを分割して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局のひとつ、新組織、金融監督庁を発足させたという。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が前触れもなく破綻したのある。これによって、金融史上初めてペイオフが発動することとなり、約3%(全預金者に対する割合)とはいうものの数千人を超える預金者の預金が、初適用の対象になったと推測される。
平成10年12月、当時の総理府の外局として委員長は国務大臣に据える機関である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(のちに金融庁)は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に約2年半組み入れられた過去がある。


借金の整理が出来れば安心
2style.net