Sample Hobby Site

あなたの「延命治療拒否ー事前指示書」の作り方と実践

1、自分の「事前指示書」を作成

この「延命治療拒否ー事前指示書」をコピーしWORD に貼り付けます。内容はご自分の意思に叶うものに書き換えます

家族の人数に合わせて、最後の家族「確認署名」欄を増やします。
A4用紙2ページに収まるようにレイアウトします
A3用紙1枚にコピーして出来上がりです。
(A3にするのはつなぎ合せのない1枚仕立ての物の方が信頼性が高いからです。A4用紙2枚をホチキスで綴じる場合は、1枚目と2枚目のつなぎ目に割り印を押して、差し替えできないようにします。)
作成月日から本人の署名までは手書きにします
簡単にしるしを付けるだけの簡略書式も用意しました

保管場所

一人暮らしの場合に救急車で運ばれると、誰もこの「延命治療拒否ー事前指示書」に気づいてくれません
せっかく作っても無駄になりかねませんので、救急隊員が気づくようにしておきます
保管場所は冷蔵庫内
見つけ易いように容器に入れ印をしておきます
玄関ドアの内側に、「救急医療情報は冷蔵庫にあります」と朱書きして掲示しておきます

2、家族に理解してもらう

「解説ー個別対応事項の説明」ページを印刷しておきます。これは家族に知っておいてもらいたい最低限の知識を書いたものですから、あなたの「事前指示書」といっしょに保管しておきましょう。

家族全員に説明して、確認の書名をしてもらいます。遺産の相続人全員と将来一番世話になるだろう人にも確認してもらいましょう。
保管場所も知らせておきます。

3、病院で

最近の病院は、入院や手術の前に「事前指示書」といった用紙を用意しています。延命治療希望の有無を問う箇所がありますので、ちゃんと書いておきます。

インフォームド・コンセントは患者にとって最も重要です。
充分な情報が提供され、本当に理解した上で、自分の意思で決定します。
医師から病状や治療方針について説明を受ける時は、次の点に注意してメモしておきます
1、現在の状況
2、今後予測されること
3、今後の考えられる治療法と、それぞれの利益と不利益、本人の生活面上の変化
4、3、で示された選択肢以外に他の医療機関での治療法の有無と効果、方法 についてもたずねる
5、患者、家族の希望を告げ、「あなたの事前指示書」を見ていただき、コピーを渡す。
6、知らない単語や理解できない言葉があったときは、あいまいなままにせず質問して教えてもらう。平易な表現に変えていただく。できるだけ具体的に説明してもらい理解する
7、医師は専門家であり、患者や家族はズブの素人のため、説明の仕方によっては、医師に誘導される場合があります。結論を急がず、熟考のための時間をおくなり、セカンドオピニオンを求めてから決定することも必要です。
8、病状の変化にともない、必要に応じて説明を求め相談して決める旨を告げる
9、決定事項を書き留めて記録しておく

4、決定にあたって

治療方針の決定、医療機関や施設の選択に際しての判断基準は、本人が望むQOL(人生観)にあります。 残りの人生をどう過ごしたいのかを念頭に置いて決めます。
残りの人生も長さではなく、その質にあること
この選択は本人の人間的な生活が当面続くものであること
この選択は本人が苦痛無く過ごすためになること
患者には自己決定権があることを忘れず、自分の意思を伝える努力をすること

5、医療機関に希望を聞き入れてもらえない場合

厚生労働省の決定プロセスに関するガイドライン(2007年)以降各医学会は、ほぼ同趣旨の「インフォームド・コンセントに基づく患者の意思決定を基本とする」というガイドラインを出しています。
しかし、いまだ現場の医師達の意識が変わっていないのも事実です。

中には、利益のために胃ろうをしている病院があるという噂もあります。
介護保険施設の中には、食事に手間のかかる患者を受け入れず、胃ろうを積極的に取り入れている所が多いようです。

4項目の決定要素がそろっていても合意していただけない場合は、
1、理由の説明を求め、厚労省や医学会が出しているガイドラインと「あなたの事前指示書」を示して理解してもらう
2、医療関係者が躊躇する理由の一つは、家族全員の意見が一致しているのか不明だという危惧です。全員の意見一致を説明し、合意書(書面にしておく)を作成する旨も伝えます。
3、納得いく答えが無い場合や利益主義の病院と思われる時は、医療機関を変える、ホスピス、保険介護施設もしくは在宅にする。

良い病院や施設にめぐり合えない場合は、在宅ですが、往診してくれる医師も探さなければいけません。

病院、施設、往診医師を事前に調べて、リストアップしておければより望ましいと思います

本人や家族が有る程度の知識をもっておく事も必要です

↑ PAGE TOP

2style.net