ボトックスの効果

ボトックスの効果について書いています

ボトックスの効果について

ボトックスは米国アラガン社の商品名です。

眼科や神経内科で、眼瞼・顔面痙攣などの治療に筋肉の弛緩効果を利用して用いられていました。

しわ取りなどの効果が認められ、アンチエイジングにもボトックスが用いられるようになってから急速にその使用が拡大してきました。

ボトックスの主要成分は、クロストリジウム・ボツリナム、クロストリジウム属菌のA型毒素です。

その薬理作用はアセチルコリン分泌阻害です。

眉間や額、目尻のシワなどの表情筋の一過性麻痺を生じさせます。

その結果、皮膚に付着した筋肉(表情筋)の収縮がシワの発生に大きく関与している部分には非常に効果的です。

つまり表情筋によるシワの治療で手術などの従来の方法では、難しいとされてきましたが、ボトックスは非常に効果があります。

ただボトックス注入後、数時間の頭痛やまぶたが重たく感じたり、注入量が多すぎると眼瞼や眉毛の下垂が起こることがあります。

また長期間にボトックス治療を続けると、ボトックスに抗体ができて効果がなくなる可能性があります。

当サイトについて

当サイトをご覧いただきありがとうございます。本サイトは、Microsoft Internet Explorer 6.0にて動作確認を行っております。文字サイズを大きく設定した場合や、このブラウザ以外でご覧いただいた場合に画面の一部が正しく表示されないことがあります。あらかじめご了承ください。 トップページへのリンクは自由にはって下さい。相互リンク大歓迎です。ただし、リンクするウェブサイトの内容やリンクの方法によっては、リンクを解消していただく場合があります。
2style.net