見出し1

見出し2

見出し3

一般的に株式公開済みの上場企業においては、事業の上で、資金調達が必要なので、株式に加えて社債も発行するのが当たり前になっている。株式と社債の一番の違いは、返済義務の規定である。
2007年に誕生したゆうちょ銀行が提供しているサービスのほとんどは古くからの郵便貯金法に基づいた「郵便貯金」としてではなく、民営化後は銀行法に基づいた「預貯金」を準拠した扱いの商品なのです。
ご存じのとおり、第二種(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が独自のファンドを作って、それを適正に運営するためには、シャレにならないほどたくさんの「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が事細かに定められているのだ。
保険とは、突然発生する事故によって生じた主に金銭的な損失を最小限にするために、立場が同じ多数の者が一定の保険料を出し合い、集まった積立金によって予測不可能な事故が発生した者に掛け金に応じた保険金を給付する制度なのです。
すでに日本国にあるほとんどずべての銀行では、早くから国際的な市場や取引など金融規制等が強化されることも視野に入れて、経営の改善だけにとどまらず合併・統合等を含めた組織再編成などまでも積極的に取り組んでいます。


よく聞くコトバ、ペイオフってどういうこと?残念なことに発生した金融機関の破綻のとき、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護される個人や法人等、預金者の預金債権に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事である。
西暦1998年6月のことである、大蔵省銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関するものを区分して、総理府(省庁再編後に内閣府)の新外局として金融監督庁(現金融庁)ができあがったわけです。
多くの保険会社が加入する日本損害保険協会は、主としてわが国の損害保険各社および業界全体の健全で良好な発展さらに信用性の増進を図り、これによって安心、なおかつ安全な世界の形成に役割を果たすことを協会の事業の目的としているのだ。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)という仕組み。あまり知られていないが取得後の定められた期間(30日未満)で解約する場合・・・これは手数料にペナルティが課せられることを忘れてはいけない。
今後も、わが国内のほとんどの金融グループは、国内だけではなく国際的な市場や取引にかかる金融規制等の強化もしっかりと視野に入れ、経営の一段の強化や金融機関の合併・統合等を含む組織再編成などまでも活発な取り組みが行われています。


平成10年12月に、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣を組織のトップである委員長と決められた機関である金融再生委員会が設置され、不祥事を受けて設置された金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に約2年半置かれていたのだ。
ここでいう「失われた10年」という言葉は、どこかの国とか一定の地域の経済が大体10年以上の長い期間にわたる不況、加えて停滞に襲われていた10年のことをいう語である。
まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から金融制度の企画立案に係る事務を新たに統合し約2年前に発足した金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁として再編。21世紀となった平成13年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
つまり「失われた10年」というのは、一つの国とかどこかの地域の経済が10年以上の長い期間にわたる不況、停滞にぼろぼろにされた時代を意味する語である。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が破綻(倒産)という事態に陥った。こうした事態に、初めてのペイオフが発動した。これにより、全預金者のうち3%程度ながらも数千人を超える預金者が、上限額適用の対象になったのだと考えられている。


健全にお金を借りるにはどうしたら良いのか?
ページのトップへ戻る
2style.net