大手拓次
『藍色の蟇』

風のなかに巣をくふ小鳥

  
  六月の雨


 
 六月はこもるあめ、くさいろのあめ、
 
 なめくぢいろのあめ、
                        まど
 ひかりをおほひかくして窓のなかに息をはくねずみいろのあめ、
 
 しろい顔をぬらして みちにたたずむひとのあり、
 
 たぎりたつ思ひをふさぐぬかのあめ、みみずのあめ、たれぬののあめ、
 
 たえまないをやみのあめのいと、
                                                    ながあめ
 もののくされであり、やまひであり、うまれである この霖雨のあし、
 
 わたしはからだの眼といふ眼をふさいでひきこもり、
 
 うぶ毛の月のほとりにふらふらとまよひでる。



2style.net