2style.net

上手な副業の選び方!

この不況に打ち勝つための上手な副業の選び方!

副業をしている人に「副業を続けている理由は?」と話を聞くと、「本業だけでは生活が成り立たないから」

「本業だけでも、収入は十分あるけど、もう 少しプラスアルファで、収入アップしたい。でも本業だけでは、 そう簡単に給料は上がらないから」と答える人もいれば、「副業を持つことで、生活をもっと豊 かにして、 自分の趣味を仕事にしたいから」と答える人もいます。

副業を持つということは、なんらかの目的や目標があって、続けられるものだということですね。「ただ なんとなく副業を始めたくなったから」といった漠然とした理由では、副業は長続きできません。


一言で副業と言っても、実にさまざまな職種があります。 単発アルバイトの仕事は、1日だけで終わる仕事がほとんどなので、土・日・祝日など、休日に1日に時間を あけておけば十分できます。職種として、接客業や飲食業、代行業などいろんな仕事があります。副業を始め た理由について聞くと、中には、「長い間本業を続けていて、だんだんマンネリ化してきたから、 他の仕事を持つことで、本業の良さがわかれば・・・」と答える人もいます。副業には、本業とはまった 違った仕事を選ぶ人もいますね。


本業が事務の仕事であれば、副業は事務とはまったく異なる性質を持つ仕事で、清掃作業やペットシッター、 飲食業などの仕事を選ぶなど、両極端なところが、まったく違う特色があって、気分転換になると思う人もいる ようですね。 また、自分の特技や資格を活かして、休日に副業をする人もいます。 パソコンが得意な人は、パソコンの資格を活かした仕事をしたり、英語などの語学が得意な人は、翻訳や英会話 教室の講師の仕事をするなど、やはりなにか資格や特技があると強いですよね。


副業を長く続けて成功するには、自分の特技や資格などを持つことも必要ですが、とくに資格がなくて副業をする 場合、自分の適性をよく知ることが必要です。自分にどんな仕事が向いているのか、よく知っておくといいですね。

まずは、自分の性格についてよく分析してみるといいでしょう。 そして、パソコンのスキルがどれぐらいあるか、特技、資格、これまでに経験した仕事、こんな仕事がしたいなど、 副業の選び方次第で、副業では自分の可能性を思い切り広げられることもあります。

仕事を選ぶということは、自分のライフスタイルを選ぶということでもあり、自分の持っている能力を活かして、 長所を伸ばすといったプラス方向で自分 に合った副業を選んでいきたいものです。「この仕事は収入が良い から」「収入がイマイチだから」といった観点で選ぶよりも、自分の適性に合った仕事を探す ことですね。 それで、納得いく副業ができれば、それはその人にとっての「適職」ということになります。

本業を持つ人に、「自分の仕事に満足していますか」と聞くと、「転職を考えているけど、不景気だし、なかなか 今の仕事を辞めてまで他の仕事を探す勇気が出ない」と答える人が多いのにびっくりしますね。 「本業を辞めることを考えるなら、副業を探して、視野を広げてみたい」と答える人も増えてきています。

不景気な今の時代では、転職するのはかなり勇気がいる行動だと思います。とくに、長年勤めてきた会社を辞める となると、会社では信頼が厚いと思うので、引き継ぎも大変になると思うし、退職の意思を示しても、引き止められる 場合もあるでしょう。
本業を続けながら、無理のない範囲で副業を続けることによって、本業の良さが見えたり、会社組織で働けることの ありがたさがわかってくるかもしれません。


副業探しは自分の適性を知ることが大切で、良い副業探しとは、もしかしたらそれは、自分探しなのかもしれませんね。



安心な副業を得るために

在宅ワーク・内職情報を、ネットや求人広告等で探す手段は皆さんご存知でしょうが、私的にオススメなのは 区市町村役場や都道府県庁への相談です。 私の親友はに母子家庭なのですが、彼女もやはり、本業はもっていますが正直、生活はキツイと言っていました。母子家庭だからだと、だから物を買ってもらえないんだとか洋服がよれよれだとかそんなことは絶対言われたくないと、惨めな思いはさせたくないと言っていたのを覚えています。 そんなある日、母子家庭の給付金手続きに付き合い、職員さんにふと「何かいいバイトはないですか?」と聞いたところ、求人のようなファイルを見せてくれました。 企業も内職を頼むなら、安心できて、まじめな人がいいですし、紹介してもらうこちらとしても、区市町村役場や都道府県庁からの紹介なら安心です。聞くところ、母子家庭の人の再就職支援と内職相談の窓口を設けていると言っていました。 安全、安心が一番とお考えの方は、ぜひ利用してみてください。




自分に合った副業を選ぶには?

不景気が長く続いていて、もはや本業だけではやっていけないと嘆く人が増えてきましたね。サラリーマンやOLの中には、これまで本業を真面目にしていた人が、副業を持つ人も珍しくなく、会社が休みの日に単発アルバイトをしたり、副業を持つ人が増えてきました。

これから副業を始める人は、どんな副業が自分に合っているのか、よく考えて選ぶ必要があります。
副業を始めるなら、本業にさし障りなくできることはもちろん、本業と無理なく両立できることが条件ですよね。
そういったことから考えると、自分に合った副業選びは、時間を選ぶことなく、いつでも自分のライフスタイルに合わせてできる仕事が理想的ですよね。

まずは、会社が休みの日にできる副業について考えてみるといいでしょう。
サラリーマンやOLなど、会社員として仕事をしている人は、仕事が多忙な時期には副業ができなくなる場合があります。
忙しいときには、副業がしばらくできなくなると、今度は副業に支障が出てくる場合がありますが、このような事態を考えて、副業を行う時間が自由に設定できることを第一に考えるといいでしょう。

「二匹を追うものは一頭も得ず」という言葉があるように、本業と副業、どちらも一生懸命やろうとすると、無理が出てしまい、結局は本業にも副業にも支障が出てしまうといった事態にならないように、注意が必要ですよね。

そういったことを考えると、本業に携わっている平日に副業をすることは、まず避けたほうが良さそうです。平日は、本業に専念して、休日に副業をするといった生活パターンが望ましいと思います。

休日に副業をするなら、単発のアルバイトがオススメです。
単発のアルバイトといっても、実にさまざまな仕事がありますが、土・日にできる副業であれば、認定試験や資格試験などの監督の仕事や、コンサートやイベント会場のスタッフなど、探せばいろいろあります。

では、単発のアルバイトは、いったいどうやって探したらいいのでしょうか。
単発のアルバイトは、インターネットで求人サイトやアルバイトサイトを見ると、いろんなサイトが出てきますので、まずは無料会員登録しておくといいでしょう。
会員登録をするときは、氏名やメールアドレスなど必須項目、自分が取得している資格やスキルなどを記入して送信すると、自分の希望条件に見合う仕事があるときに、メール送信されてくるので、大変便利ですね。

本業と副業を無理なく両立させるには、当然本業にウエイトを置かなければいけないわけですから、副業は、自由な時間を設定できる仕事や、どうしても急な予定が入ったときのことを考え、断ってもかまわない仕事を選ぶといいでしょう。

もうひとつ大切なことは、本業だけでは生活が成り立たなくて副業をする場合に、手っとり早く収入源になるということも考えておきたいものです。
単発アルバイトの場合、仕事をした日に即日払いのところもありますので、報酬のお支払日についても確認しておく必要があります。

平日はOLをしていて、土・日など休日に単発アルバイトを副業としている20代の女性から、寄せられたコメントをご紹介しましょう。
「ひとり暮らしをしていて、本業だけではなんとか生活ができるといった感じで、会社は平日残業が少しあるので、休日に単発アルバイトを始めようと思いました。それで、アルバイト求人サイトを見て、まずは無料会員登録しました。ふだん平日は仕事をしているので、あまり副業の仕事探しに時間を割くことかできないので、無料会員登録で、条件に合った仕事が来るのがうれしいですね。

今は、日曜日に試験監督の単発のアルバイトをしたり、イベント会場のスタッフをしたり・・・といった感じで、単発のアルバイトは、その都度仕事の内容が違うので、仕事をしているという感覚よりは、とても新鮮味があって、副業がいい気分転換になっています。」といったコメントが寄せられています。

Copyright © 2008 上手な副業の選び方! All rights reserved.