つまりは男の事情

サイトの説明文

見出し

大部分の上場している企業なら、事業の上での資金調達の方法として、株式以外に社債も発行するのが一般的になっている。株式と社債の最大の違いは、株式と違って社債には返済義務があるということなので気をつけたい。
格付け(信用格付け)のすばらしい点は、難解な財務資料が理解できなくても評価された金融機関の財務の状況や経営状態が判別できる点にあって、ランキング表を使えば2つ以上の金融機関同の健全性を比較することまでできるのだ。
覚えておこう、外貨預金⇒銀行が取り扱う外貨建ての商品の一つ。外貨で預金する商品。為替の変動によって発生する利益を得る可能性が高い反面、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法の定めに基づき、保険の取り扱い・販売を行う保険会社は生命保険会社もしくは損害保険会社のどちらかに分類され、2つの会社とも免許(内閣総理大臣による)を受けている会社しか販売できないと規制されている。
銀行を表すBANKはもともとイタリア語の机やベンチを意味するbancoに由来する。ヨーロッパ中で最古の銀行。その名は西暦1400年頃(日本は室町時代)に現在のイタリア北部のジェノヴァで設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行とされている。


【用語】スウィーブサービスってどういうこと?預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座間において、株式の購入資金や売却代金などが自動振替される画期的なサービス。同じ金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦である。
まさに世紀末の2000年7月、当時の大蔵省から検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務を新たに移管し西暦1998年に発足した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)として改編。そして2001年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。
覚えておこう、金融機関の(能力)格付けの解説。ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関はもちろん国債・社債などの発行元の持つ、支払能力などの信用力を主観的に評価しているのである。
英語のバンクという単語はイタリア語で机やベンチを意味するbancoに由来すると言われている。ヨーロッパ一古い銀行⇒15世紀初頭に現在のイタリア北部のジェノヴァで設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
覚えておこう、外貨両替の内容⇒たとえば海外旅行、他には外貨を手元におく必要がある、そんなときに活用する。近頃は円に対して不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。ポイント⇒為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。


15年近く昔の平成10年12月、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として大臣をその委員長とされた新たな機関、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管理下に3年弱あったことが多い。
平成10年6月のことである、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等の所掌していた業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分を分割して、総理府(当時)の内部部局ではなく新外局として金融監督庁というこれまでになかった組織を設けることになったという歴史がある。
知らないわけにはいかない、バブル(泡)経済⇒不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産の市場での取引価格が行き過ぎた投機によって実際の経済の成長を超過してなおも高騰を続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態である。
将来を見据えわが国内で活動中のほとんどの銀行は、強い関心を持って国際的な市場や取引など金融規制等の強化も考慮し、財務体質等の一層の強化だけにとどまらず合併・統合等を含めた組織再編成などまでも精力的に取り組んでいます。
【用語】デリバティブって何?これまでの伝統的な金融取引や実物商品または債権取引の相場変動を原因とするリスクから逃れるために完成された金融商品のことであり、とくに金融派生商品ともいうのだ。
レッドソウル!

2style.net