いつも光の中にいたのあらすじ

杳子は大学3年生。

軽音楽同好会で、智史と達也の3人といつもいっしょだった。

ある日、智史は杳子にプロポーズするが、杳子がひかれているのは達也のほうだった……!?

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトルを入れて検索して下さい。


いつも光の中にいたを読んだ感想(抜粋)

読んでみたい方はタップして下さい

≫≫いつも光の中にいたを読む



こちらのコミックもおすすめ

本は見ていた

いつも光の中にいたの画像です。

17歳の私と、27歳の私が交錯する・・・高校の図書館果たして大人なのは教師の私か?高校生の彼か?


東京MAD DOG

いつも光の中にいたの画像です。

金に汚く、警察にも何かと睨まれているセクシーな女弁護士・桜 志麻単純正義バカで女嫌いの山根刑事とは犬猿の仲山根は桜を毛嫌いし、彼女の逮捕に執念を燃やしていたある時山根は、風俗嬢のレイプ裁判に関わっていた判決結果は胸糞の悪い物彼女は強姦され、女としての誇りまでも取り上げられてしまったやり場の無い怒りが込み上げるそんな山根に、桜は悲しげに語りかける…「法律に沿う事が全て正義じゃないわ…」そう、法律に、従うことだけが…


ときには娼婦のように

いつも光の中にいたの画像です。

男に裏切られて一人ヤケ酒を喰らっていたバージン・和子と、友人の頼みで愛人バンクの女の相手をせざるを得なくなった超硬派な鶴見互いの言葉足らずが誤解を重ね、数子は鶴見に愛人バンクの女だと勘違いされたままホテルの部屋に連れ込まれる互いに互いを誤解したまま、結局は何もせずに別れた二人だったが、そんな二人が「新人女性編集者」と「副編集長」と言う立場で再会する事になってしまい…!?


まんがグリム童話 白雪姫

いつも光の中にいたの画像です。

血まみれ童話と残酷実話の狂い咲き=処女の生き血に浸る女王、売春宿で虐待され身を投げた姫……美しい童話に秘められた衝撃の真実を魔ュ! 舞闕や、バレエ組曲をコミカライズした『白鳥の湖』、シェイクスピアの喜劇『お気に召すまま』などの他、美貌のため600人もの処女を惨殺した女王『エリザベート・バートリー』や、『楊貴妃』、『アル・カポネの女』などの実在人物伝も収録


ホテルはメイドでできている

いつも光の中にいたの画像です。

「ホテルのお掃除には隠された人生ドラマがある!」主人公・垣屋多恵32歳、バツイチ、子供なし寿退社後2年で離婚し実家へ出戻り親が働けとうるさいので、とりあえずパートで、ホテルの客室係・ハウスキーパーとして働き出すが、そこには彼女の知らない世界が待っていた? 迷惑なお客様、うるさい同僚のおばさん達に囲まれて毎日大騒ぎ!


いつも光の中にいたや、他の作品を読んでみる

まんが王国にアクセスして無料会員登録後、トップページよりコミックタイトルを入れて検索して下さい。


このページの先頭へ

2style.net