装花は結婚式の雰囲気をかなり左右する大事な演出の部分です。ここをケチるとすぐに分かってしまいます。花は費用をかければかけるほど華やかになります。でも費用は変えずに、ボリューム感を出して、はなやかさを出す節約方法もあります。例えば、バラだけの大きな装花を作るとかなりの値段になりますが、そこに同系色のトルコキキョウなどをまぜて、見た目のボリューム感はまったく損なわずに華やかさを演出することもひとつの方法です。必ず装花が必要なところは、メインテーブルとゲストテーブルです。それは長い時間、多くのゲストが注目するところですし、結婚式の印象に深く残るところと言えます。それでここには、予算をしっかりかけておきたいものです。逆に受付、控え室、洗面室の注目度はそこまで高くないとも言えるかもしれません。

ルイボスティーの副作用とは? なぜ婚約中は疲れるか ラブラブ婚 結納の日取りと場所 婚姻届の書き方
Copyright © 花 All rights reserved
2style.net