アーシングマット 自作

効果的なアーシングマットの作り方

どうも、こんにちは
今回はアーシングマットを自作した記録です。

上はわたしが3年前に初めて作った
アーシングマットですが、こんかいは
さらに安く、かつ効果の高いものを
自作しよう
と、あれこれと考えてみました。

 

材料は

  • バーベキューの網(大)
  • アース線
  • わにぐちクリップ
  • 絶縁テープ
  • ラジオペンチ

 

すべて100円ショップのダイソーで手に入ります。

 

バーベキュー網(大)

 

アース線

 

ワニ口クリップ

 

絶縁テープ

 

ラジオペンチ

 

注)写真はいぜんの工作の余りで
ホームセンターのものが混じってますが..

 

 

てかさ...ダイソーってすごいよね。。

 

いままで100均って行くこと少なかったけど
ここまで品ぞろえが豊富だとは...。

 

また、時間があるときにでも
物色してみよっと( ^ω^)

 

・・・・・・・
・・・・・・

 

ちょっと話がそれましたが
では作って参ろうではないか!

 

 

※広告

 

 

 

アーシングマットの作り方

アーシングマット自体はダイソーの網
買ってきたそのままでだいじょうぶです(^^)!

 

必要なのはアーシングコードの自作です。

 

 

アースコードの作り方

アース線にワニ口クリップを取りつけます。

 

 

順番にやっていきましょう(^^)!

あらかじめ、ワニ口クリップのカバーを
差し込んでおきます。

 

これ...あとからやろうとすると
メンドウなので必ず最初にね。

 


アース線の皮を7〜8cmとります。
ラジオペンチでアース線の周囲に
軽く刃をいれていき...

 


この状態まできたら...

 


反対側の親指で
グッとおし出してあげます。
慣れてないとすこし力がいります。

 


で、なかの芯線がみえます。
さきっぽがほつれていたら
よりあわせてください。

 


アース線をワニ口クリップにさします。

 


ある程度まで差し込んだら
写真のようにラジオペンチで
クリップとアース線をつぶして
抜けないようにします。

 

まあ、テキトーに
抜けなければオーケーです(*^^*)

 


折り返したら、もとの線に
グルグル巻きつけていき...

 


絶縁テープをまいて
固定します。
(1往復あればじゅーぶん)

 

 


で、さいごにカバーをかぶせて完成です!

 

 

いちおう動画でとりました。
https://youtu.be/hCmnTonFwQU

 

 

アース線をアース端子へつなぎます。

さあ、完成したら反対側の皮を
1〜2cmほどむしって、アースターミナルへ
つなぎます。
プラスドライバーが必要です。

 

ちなみに、このアース線は壁のなかを通って
地面のアース棒までつながっています。

 

もとはといえば、漏電したさいの感電防止が
目的ですが、アーシングにも使えちゃうんですね〜。

 

これで人間と大地が直に接続できる状態になりました。

 

しかし、写真のようなアース端子付きコンセントって
冷蔵庫や洗濯機、温水トイレ、各部屋のエアコン
くらいしか設置されていないんですよね...。

 

わたしは部屋のエアコンのアース端子へ
つなぎました。エアコンのアース線がささって
いる場合は共用でかまいません。

 

さいごに、ちゃんと身体電圧が
下がったかチェックします。

 

 

アーシングマットの効果は?

さてさて...
自作のアースマットの効果はどうだったか?

 

ここが肝心!

 

 

まずは、アース前の身体電圧を測定すると...

 

アップにすると、わかりやすい。
1.473ボルト

 

 

やはり、近くにテレビや延長コードが
あるため身体電圧も高めです。

 

 

次にアースクリップをつないで測定してみます。

 

...すると、
みるみる身体電圧が下がっていくではありませんか!

 

そして10秒後には0.001ボルトまで下がりました。

 

(アップ画像)

アース前:1.473ボルト
↓  ↓  
アース後:0.001ボルト
(さいしょのゼロは表示されない仕様)

 

 

・・・・・・・・・・
おそるべし...。

 

0.001ボルトといったら以前に森林浴しているときに
測定した身体電圧値です!

 

テスターが測れる最小電圧値でもあります。
なので、本当はもう少し低いかもしれません。

 

 

(ここから↓は初めてアーシングした時のレポートのまま掲載)
・・・・・・・・・
で、どうだったかというと
しばらくすると、足元が暖かくなってきました。
そして、足のちからが抜けていく
感覚に襲われます。

 

そして全身が心地よいリラックスに包まれて
おもわず笑ってしまいます。
なんというか....
おなかの力が抜けてしまい
笑いをこらえることができないのです。

 

まるで、ホットカーペットの上にいるような感覚です。
正体は冷たい金網のはずなのですが・・・

 

足元がポカポカして、12月の初めだというのに
ひざかけも使わず、机で仕事できます。

 

まだ一度だけ試しただけですが
今のところ今年の冬は、こたつを出さなくても
いけるんじゃないかという気さえしてきます。

 

そして、その感覚は靴下を脱いで裸足で
アーシングマットに乗ることで、さらに
顕著になりました。

 

軽い冷え性のわたしでこんな状態なので
ガンコな冷え性の人がアーシングマットに乗ったら
感動して涙が出るんじゃないかなと...。

 

いぜんに、西谷雅文さんの
”血流は静電気デトックスでよみがえる”を読んだときも
そういった体験がいくつか書かれていました。

 

 

わたしがアーシングのさい感じるのは

  • 数分ほどで足元からあたたかくなってくる
  • 目の前がクリアになってハッキリする
  • パソコン作業時におこなうとほとんど疲れない
  • 体のこわばり、まぶたの重い感じがスッと抜ける

 

こんな感じでしょうか。。

 

あらためて大地とつながる気持ちよさを
再確認しました。

 


※フローリングが傷つかないようタオルを下に敷くとよい。

 

 

超大事なポイント

基本的にアーシングするさいは
はだし
でやってください。

 

目地の細かい網や専用のアーシングマット
を使用すれば靴下をはいていても
ある程度の効果は得られますが、
それでも裸足からは大きく劣ります。

 

とくにアーシング初心者の人は
最初の一回は特に効果を感じるので
はだしでやらないと...
ハッキリ言ってもったいないですよ(^-^;

 

 

まずは
「あっ、これスゴイかも!」って感じることが
大事なので ^^)

 

また
「バーベキューの網の肌触りが気に入らない」と
いう人は、ホームセンターに細かい目地の網が
売っているので、そっちを使ってください。

 

 

まあ、さいきんは、じょうぶで値段も
手ごろな全部セットになったアーシングマットが
発売されてきたので、自作するより
こっちの方がいいかもしれません。

 

わたしも使用しているもので、とにかく
説明書がわかりやすいので、アーシング
初心者にはオススメします。

 

※ほかのメーカーのものと比べて薄いのに丈夫で長持ち
riraku-life(リラクリフェ) 大地と繋がるアーシング健康法用 本格アーシングマット

 

※初心者にはありがたい身体電圧の測定法を
写真付きで紹介されています。
リラクリフェ 身体電圧測定キット

 

 

※リラクリフェさんの身体電圧測定キットと
機能や使い方はほぼ同じですが、
説明書は一切ないので解説の記事
つくりました( ;∀;)
そのぶん2.000円ほど安いのでオススメですよ。
Crenova デジタルマルチメーター

 

メモ:

さいきん、ネットサーフィンしていたら
銅箔テープを100均のランチョンマットに
重ね張りしたアーシングマットをみつけました。

 

いぜん、銅箔テープやアルミテープを張り合わせて
アーシングマットは作れないか実験しましたが
テープの裏面(粘着面)に導通性がなく
結局クリップをつないだ一番手前の一枚分しか
アーシング効果はありませんでした。

 

また、なんどもクリップをつけたり外したりすると
テープが破れて導通性がなくなるので
じっしつ使い物にはなりません。

 

もし、どうしても「テープでやりたいだ!」というなら
テープの裏面も導通性のあるものを
選択しなければなりませんが、
そういったものは1.000円以上するので結局高くついてしまいます。
(200〜300円では売ってません)

 

いちおう、補足情報で記載しておきます。
もし、気になる人は自分で実験してみると
より多くのことを理解できます。

 

 

※広告

 

 

 

使用できるアース端子がないばあい

家のどこを探してもアース端子がついて
いない場合、ほかの方法でアースをとる
必要があります。

 

関連記事:
アーシング健康法のやり方〜アース棒の埋め方や身体電圧チェックまで〜

 

口コミで人気のアーシングマットを比較〜本当におすすめなのはどっち?〜

 

 

 



2style.net