マクロを有効にするか無効にするか

エクセルのファイルを開くときに、「xx.xlsファイルはマクロを含んでいます。」というポップアップメッセージが表示される場合がありますが、このときマクロを有効にするか無効にするかを指示してファイルを開かなければなりませんが、どんなマクロが含まれているのか分からないのに、有効にするのは怖いですよね。

まずは「無効」で開いてマクロが存在するかどうか確認してみましょう。
「ツール」→「マクロ」→「Visual Basic Editer」でモジュール画面を開きます。

初期値で何も触ってない状態なのであれば、新規に開いたウィンドウの左側の所に、表面上はエクスプローラのような感じで「Sheet1」「Sheet2」・・・と表示されているはずです。その一つ一つを全てクリックしていくと、どこからかマクロが出てくると思います。

では、何故ポップアップ画面が開くかと言うと、マクロウィルスが存在する為警告メッセージが表示されているのです。

もしも、どこかからマクロが記述されているところが出てきたらそれらを全て削除してください。

また、マクロが記述されていない場合でも、「フォーム」「標準モジュール」というフォルダが存在する場合は、マクロと判断されてしまいますので、右クリックして「xxの開放」を実行するようにしてください。

それでもポップアップが出るようであれば、マクロウィルスの可能性がありますのでウィルスソフトを起動するようにしてください。


Copyright (C) 2008 Excelのマクロを使い倒す!. All Rights Reserved.
2style.net