マクロウイルスとは

Excelマクロウイルスというのは、エクセルのプログラムフォルダ(モジュール)内にある「XLStart」というフォルダの中にウィルスのワークシートを作成することで感染するというものです。

ウィルスに感染しないためにはまず最初に「XLStart」フォルダ内にあるワークシートがウィルスワークシートでないことを検査して確認しておく必要があります。

何故かというと「XLStart」フォルダにあるワークシートファイルはエクセルの起動時に自動的に開かれるのでエクセルが開いたと同時に感染してしまう危険性があるからです。

「XLStart」フォルダ内に作られるウィルスのファイル名ですが、Larouxウィルスに関しては「personal.xls」または「pldt.xls」ファイル名で作られるし、Ninjaウィルスに関しては「Ninja.xls」等のファイル名で作られます。

このウィルスファイルがフォルダ内に存在するかどうかの確認ですが、エクスプローラで確認することが出来るのでエクセルと開く前に確認して削除してから使用することが重要になります。

マクロウィルス削除方法

また、ウィルスファイルが存在した場合で、マクロを設定している場合ですが、以下のように処理をして削除するようにしてください。

1.メニューの[ツール(T)]→[マクロ(M)]を選択
2.ダイアログボックスが開いたら「auto_open」「check_files」のマクロを一つずつ「削除(D)」で削除してください。
3.このときシートが非表示の場合には削除処理が行えないので、メニューの[ウィンドウ]→[ウィンドウ再表示]で表示させてから削除するようにしてください。


Copyright (C) 2008 Excelのマクロを使い倒す!. All Rights Reserved.
2style.net