マクロの簡単な作成手順

エクセルのマクロプログラムを見ると結構訳わかんないと思って、すごく難しく見えるかもしれません。しかし実際は難しくは無いのです。何故難しくないかという種明かしをしたいと思いますので下記を参照してみてください。

手順

1.マクロを記述できる画面(モジュール画面)を開いておきます。ここでは一連の操作の流れをマクロプログラムとして記録してくれます。

2.エクセルの「マクロ記録機能」を使用して、例えばある会社の成績表から個人の成績表およびグラフ作成をするという操作を行い、「マクロの終了」機能で記録を終了させます。

3.モジュール画面より、機能を見やすいように、かつメンテナンスがしやすいようにマクロを分割します。

4.それぞれのマクロの中で、例えば会社の人数が10人だとしたら「for 〜 next」などを書き加えて人数分が一度にできるようにセルの指定をしたり、固定で扱っていたところを変数にしてみたりしてメンテナンスを加えて使いやすいように書き換える。

5.マクロをそれぞれ実行してみる。

というのが、マクロの簡単な作成手順になります。マクロの記録を使って記録だけをしてもいいし、更にそのプログラムに手を加えてオリジナルにしてもいいし、使い勝手はさまざまです。

色々使ってくると使い勝手は無限に広がってきますので、色々と勉強しながらでもマクロを使いこなせるよう習得してみましょう。そうするとよりよいエクセルのマクロ生活が送れるはずです。


Copyright (C) 2008 Excelのマクロを使い倒す!. All Rights Reserved.
2style.net