中学受験に挑む!

当サイトは、小学生のお受験。つまりは中学受験のための対策サイトです。
中学受験のメリット・ディメリットをはじめ、受験にむけて何をすべきか、勉強のやり方、志望校の選び方など、中学受験についての情報を集めました。

中学受験とは

中学受験は大きく以下の2つに分かれます。

  1. 私立中学の受験。(一部地域では国立大付属中受験も含まれる)
  2. 公立中高一貫校の受験。

私立中学

私立中学は日本に700校ありますが、首都圏では東京都179校、神奈川県62校、埼玉県20校、千葉県23校と4都県で284校を占め、京阪神では大阪府63校、兵庫県39校、京都府24校と3府県で126校を占めています。

この様に首都圏と京阪神に私立中学が集中しているため、それらの地域では中学受験が盛んに行われ、地域によっては小学校の生徒の大部分が受験するため、それらの地域の公立中学が大幅な定員割れとなることもあります。国立中学は私立中学ほど東京に集中しておらず、各都道府県に分散しています。

公立中高一貫校

公立中高一貫校はエリート校化を防ぐために学力試験を行わないことになっていて、適性検査や作文、面接で選抜しています。しかし、適性検査や作文の難易度は学力試験とほぼ変わらないと言われていて、それらの対策講座を実施している学習塾が多く存在します。

公立中高一貫校の選抜は家庭の生活の仕方全てが問われます。合格した児童の保護者の証言では「子どもに問いかけて調べるきっかけをつくる」『家族全員で毎日「読書タイム」をつくってみる』「親子の交換日記や手紙を書く習慣をつける」といった例が挙げられています。つまり、公立中高一貫校受検は「家庭の力」全てが問われる総力戦なのです。

お受験のメリット・デメリット

メリット

学習内容

大学の付属校では、関連校との交流が盛んに行われるため、高度な研究内容にじかに接する機会が多く、また大学の学部への将来的な進学を念頭において専門的な進路を生徒に意識させる学習と教育を行うところもある。
公立中学校では、部活動が予算や設備の都合や指導者の異動によって消滅することがあり、生徒の希望する部活動が安定していないといった問題点があ る。公立中学校には予算面や設備面で厳しく殆ど設置がなされない部活動も、私立中学校では特定の競技を専門的な指導のもとに継続して続けられたり、文化系 を重視する学校では公立には見られないような多種多様な部活動を選択でき、それぞれが活発に活動していることも多いという点があげられる。また中高一貫校 では公立中学校に存在する高校受験の壁に左右されず、専門的に継続できるといった利点がある。

高校への内部進学

入学試験がある中学校の大部分が中高一貫校で中高一貫教育が実施されている。そのため、公立中学から公立高校へ進学する際に大きな影響がある内申書や内申点を気にすることなく、内部進学制度を利用した無試験制度、あるいは外部入試よりも簡単な試験で進学でき、高校受験の負担を考える必要が無くなるというメリットがある。
なお、国立中高一貫校でも多くが高校まで内部進学可能であるが、国立中学は高校を併設しておらず高校受験が必要となる場合も多い。ただし、内部進 学については連携型一貫校ではこの限りではなく、全員が進学できるわけではない。この点はかなり大きな判断材料である。例えば、女子しか内部進学できない 国立中学校では入学偏差値が 女子の方が10以上高い(=人気が高い)という例があり、このことからみても高校受験が不要であることは魅力的に見られていると分かる。ただし、近年は高 校入試の改革が進み、公立学校にも内申書・内申点に比重を置かない入試形態が増えており、一概なことは言えなくなっている。

大学への内部進学

多くの私立大学附属校では高校への内部進学のみならず、高校でも一定の成績を確実に修めて成績上位に入れば、大学受験をせずに大学までエスカレーター式に内部進学できるというメリットがある。
国立大学附属校では大学教育学部の付属研究施設という位置づけのため、現在までのところ、大学まで内部進学できる制度はなく、付属校を卒業しても大学入試センター試験と2次試験を受ける義務が生じる(公立中高一貫校新設のため変更案あり)。

宗教教育

日本の公立中学校では特定の宗教教育ができない。そのため、自身の属する宗教にまつわる思想を重んじる者はそれに力点を置いた私立中学校(ミッションスクールなど)へ入学することで、各々の信仰や宗教的思想に応じた宗教教育を受けることができる。

デメリット

受験生や保護者の心身両面の負担や疲弊

受験のための準備は長期間にわたり、また膨大な量の学習が必要とされるため、児童および保護者の心身に大きなプレッシャー・ストレスとなり、様々な影響を与える。
小学校での授業だけでは受験対策として不十分なケースが多く、そのため多くの児童が学習塾へ通ったり、通信教育の利用などで受験に必要とされる要素を補っている。
学習塾へ通う場合には小学校の授業に引き続いて授業が行われ、膨大な学習量をこなさなければならず、朝食・夕食の時間の確保すらままならないこと もある。夏季休暇などの長期休暇中は連日朝から晩まで学習塾で学習漬けという者も多い。また、模試やテストが毎週実施され、児童や保護者の心身に大きな負 担となる(詳しくは試験対策で後述)。
受験において必要なものは国語、算数、社会、理科の 学力がほとんどである。そのため、児童に他に得意なことや良いところ、芸術面や趣味での秀でた才能などがあっても、それらは受験に不要だとして認められ ず、模試の成績が下がった際には人格や存在価値まで否定されるといった悲劇が生じることがある。ただし、それは中学受験に限ったことではなく、高校受験や 大学受験などにもしばしば見られる現象であり、日本の学力重視・個性軽視の受験システムの根本的問題であるとされる。
また、学習塾での学習では、本来は受験を目指しての実践練習である模試やテストでも好成績を得ることが要求されるわけで、膨大な量の学習と繰り返 される模試に追随するのに必死で、学習の目的を理解する時間も与えられず、結局は模試での好成績が勉強の目的になってしまう、スポーツなどで言われる「練 習のための練習」と同様の悪循環に陥り、本番の入学試験では全く力を出せずに終わる児童も往々に見られる。
受験で行われる面接について保護者同伴という学校も見られ、この場合には保護者も受験対策に追われた挙句に子供と諸共に疲弊してしまうこともある。

中学受験の出題内容

中学受験では学校によっては非常に高度な内容を試験問題に出題することがある。そうした問題は中等教育内容を含むことが多く、小学校の学習範囲を逸脱していない問題であったとしても、内容が幾重にもひねってあったり、高度な想像力・発想・文章力・読解力が試される。特に算数ではその傾向が顕著である。
高校受験以降の数学(特に代数分野)では方程式さ え立てられれば、後はそれを解いて行くだけで答えが得られるが、算数は方程式を扱わずに問題を解くことを前提としているため、問題は複雑な出題を方程式を 回避しながら解くものとなる。それらは、結局のところ問題を方程式で解かないとかえって難しい場合が殆どである。こうした問いを解くために面積図や線分図 などの特殊な計算法が必要とされるが、方程式が登場する中等教育およびそれ以降の教育ではそれらを一切使わない。そのため、「中学入学後には方程式を主に扱うのに、そのような出題の仕方に意味があるのか」という指摘がある。

受験の意味

中学受験は「親の受験」といわれるほど親の重要度と存在感が大きい。
中学受験のハウツー本などでも、「子供が良い成績を収めたら褒めないと子供はやる気を失う」などと書かれている場合が多い。すなわち、「子供が好 成績を収める→親が褒める→子供がやる気を出す」という循環構造が出来上がってしまっており、「自分のため」ではなく「親のため」に勉強をする、つまり受 験本来の「自分の将来の為」という目的が失われているとの指摘も多い。
そもそも、受験年齢である12歳では、「自分の将来と今の勉強がどう繋がっているのか」を理解できる段階にない者がほとんどであり、そのような状態で受験をしても意味はないという指摘も多く、両者は併せて中学受験の問題点を語る際に挙げられる。

通学地域制限への対処

受験したい学校が受験資格・通学条件に居住地域や公立小学校の学区の項を設け具体的に範囲指定している場合、その地域外に住んでいる児童にとって は住所という、自分が決めたものではない本人にとっては理不尽な理由で受験資格さえ得ることがができない事が起きる。そのため、子供の受験資格の確保と受 験に向けてより良い学習環境の確保を目指して、まず多額の費用を費やして一家を挙げて「文教地区」などと呼ばれる様な地域へと転居と転校を行う家族も往々 に見られる。

金銭的負担

2007年7月14日付の『東京新聞』の特集「過熱する中学受験<中>」によると、入学試験に備えるための学習費(学習塾、通信教育、参考書等の教材)や入学後の学費が、受験をせずに公立中学校に進学した場合と比べて大きいという。入学時に必要な学校納入金や雑多な出費、授業料、さらに任意ではあるが寄付金を求められることもある。
同様に、修学旅行においても公立中学校よりも遠方に行くケースは少なくなく、さらには修学旅行以外にも語学研修などの名目で日本国外まで赴くことも見られ、これらのための積立金の負担も公立中学校より遥かに大きなものになる場合がある。

通学への負担

幸い入学がかなったとして、学校が自宅から遠距離である場合、通学に鉄道やバスなどを使用し、生活時間の多くを移動に費やす。あるいは学寮に寄宿したり、アパート等を借りたりして、自宅から離れて生活することも考えられる。これらの子どもへの精神的負担や、保護者の金銭的負担も大きい。

相性

私立学校はそれぞれに建学の精神や独自色の濃い校是があり、公立中高一貫校も独自の教育方針を打ち立てるなど個性が強い。そのため、受験に際して は偏差値と同様に学校の特色を事前に十分に調べておき、児童にあった学校を選ぶことが望まれるが、それでも入学後に校風に馴染めずに苦しむケースがある。

入学後の内部競争

上述した通り、多くの私立大学の付属校では、高校から大学まで一定の成績を収めていれば無試験や特別枠での推薦試験で進学できるシステムが整備されており、これは私立校に進学する大きなメリットになっている。
しかし、付属校から特に大学への無試験での内部進学の有無やその枠の大小は学校毎に異なり、無試験入学枠や特別推薦枠があっても適用が成績最上位 に限定され、実際には大多数が大学受験をしなければならない学校や、推薦枠割り当てのための内部選抜試験を何度も繰り返す学校も少なくなく、内部進学制度 の内実はその学校毎に異なっている。
その為、実際には私立中学入学時点から大学進学を目的とした勉強が必要になることは珍しくなく、むしろ、ごく一握りの内部推薦枠を求めてかえって熾烈な内部競争に約6年弱にわたって晒されることも少なくない。

中学入学後に落ちこぼれる危険性

入学後の学習成績が伸び悩むことがある。授業内容が高度であり理解できなくなったため、授業のペースが速すぎて追随しきれない、あるいは高校受験(又は大学受験も)が無いなどの理由で中だるみ状態になるためなどが原因として考えられる。
私立は公立と違って、学習指導要領の上限が適用されないことや、高校と直結していることから、高校の内容を中学入学直後から教えるなどしている学 校も多く、一部の特に秀でた生徒以外にとっては授業についていくのが困難な学校、言い換えれば優れた大学進学実績を目指して入学後にさらなる選抜を行うこ とを前提としている学校も見受けられる。

生徒数

私立中学はより多くの生徒を受け入れる傾向にあり、中には1クラスの生徒数が40人以上になることもある。過密化は集団の活力向上に寄与するが、 大人数の集団に慣れない生徒にはストレスの増大にもつながるおそれがある。また、逆に生徒の集まらない私立中学も存在し、1学年が20人未満といった場合 もあり得る。少人数教育を体現する一方で、少ない人数ではクラス替えが行えないため、いじめが起きた際にクラスを替えることができなかったり、人間関係の固定化などといったデメリットが生じる。

不合格による精神的ダメージの深刻さ

後述するが、中学受験では浪人することが事実上想定されていない。その為、親子の合格に対する期待とその裏返しのプレッシャーは甚大なものとなり、受験の失敗は許されず、また想定されない。
対策として複数校を併願受験す るという手段はあるが、それでも高校受験よりも遥かに競走倍率の高い学校も多く、受験した全ての学校で不合格に終わる最悪の結果は有り得る。この場合、地 元の公立中学校に進学することになるが、難関校や上位校を受験し不合格となった者が負わされる、それまでの努力と苦労が「合格」という形で認められなかっ たことで児童が負う精神的なダメージは深刻なものがある(詳しくは「公立中学へのしわ寄せ」で後述)。
同時に、「中学受験に失敗して仕方なく公立中学に入学した」ことを知っている小学校時代の同級生や保護者の視線、さらには地域の視線もどうしても 意識せざるを得なくなり、親子が精神的な負い目を抱え続けることになる。この場合、究極的には転居と転校でしか問題を解決できない場合もある。
また、本来ならば不合格でショックを受けている子供のケアは、本来ならば親が最も大きな役目を負うべきものであるが、親も精神・経済両面での負担 が大きいだけに、受験失敗という結果について親が子供を過剰に責め、結果としてその後の親子関係や家族の雰囲気が悪化するリスクもある。
一方で、公立校進学という「保険」が存在することにより、高校受験浪人が社会的に認められていない中での高校受験時のプレッシャーよりはまだ小さ いとする考え方も存在するが、当の本人は受験失敗のショックから立ち直ることができないまま中学生活を漠然と送り、場合によっては受験というそれ自体に対 して恐怖心を抱いたまま高校受験に望まなければならなくなることもある。

公立中学へのしわ寄せ

中学受験に失敗した児童は公立中学へ進学することになるが、受験に失敗という結果となり心的外傷にも通じる精神的なダメージを負った児童を受け入れる公立中学は対応に苦慮している。2007年7月10日付の『東京新聞』の特集「過熱する中学受験<上>」によると、生徒の8割が学区外からの入学という東京都心の公立中学校で、1年生を担任した教員は「受験失敗の後遺症ケアで疲れ果てた」と証言している。
中学受験に失敗した生徒でも学区外通学を行う生徒は「偏差値の低い私立に行って恥をさらすよりは名の通った(受験実績のある)公立へ」という者の 集まりであり、社会性は身に付いておらず協調性も欠落している一方で、自尊心やプライドばかりが高いという。また、問題行動を起こしやすく、ホームレスに石を投げたり、遠足で乗った電車内で他の乗客に傍若無人ぶりを注意され、「うるせえババア」などと暴言を吐いたりする者もいる。指導しても無表情、無反応だという。 
「砂漠に水をかけるような無力感。向かってきた方がまだやり方はある。五感を磨くべき小学生時代に受験勉強一辺倒で、ママがいないと動けない。受験が終わった時点で燃え尽きている」とこの教員は証言している。
また、公立中高一貫校の大館国際情報学院が設立された秋田県大館市では、同校の近隣地域の各小学校から成績上位者十数人がそれぞれ抜けるという事態が起こり、廃校すれすれ、クラス減すれすれの地域の中学校にとっては存続に関わる問題だという指摘もある。
地元の公立中学校が校内暴力・授業崩壊な どで荒廃しているなどといった風評が立っている地域では、成績上位層や富裕層のみならず、学力中堅層や中流層の保護者ですら私学指向が高まり、それらの子 供までが中等教育学校や私立中学校に抜けてしまうため、学力の低下、校内治安の悪化をさらに進行させるなどして荒廃が進行し、もはや地元の公立中学校が教 育機関としての機能すら果たせないような状況に陥っているようなケースがある。
かつて、関西圏や首都圏の地元集中受 験運動やそれに類する受験競争の排除を目指した教職員組合の運動が盛んであった地域では、自身が希望しない進学実績の乏しい地元の公立普通科高校に行かさ れる事を回避する為に中学受験を行うことで学力中堅層までもが少なからず抜けてしまい、公立中学校では学力低下・治安の悪化などといった空洞化が進行して しまうなどの問題を抱えていた。また、現在でもこの様な地域では地元集中方式での強引な受験指導の結果として不本意な高校生活を強いられた世代が現在では児童の親という事も多く、地元集中受験運動の旗振り役であった日教組や 公立中学校・公立高校それ自体に対する根強い不信感の裏返しとしての私立学校への期待感が見られる。そのため、自身の様な思いはさせたくないとという理由 から、経済的負担の大きさは覚悟の上で、子供よりも親が私立中学の受験を希望し子供に受験勉強をさせるという光景はよく見られる。
いずれにしても、親世代が身を持って感じた公立教育に対する不信感の払拭は、裏を返せば特に教職員組合にとっては過去に自分たちが積み上げた受験運動の“実績”を否定することであり、学校上層部側にも中々対処がままならないという一面がある。

年齢制限

多くの中学校が12歳限定または小学校卒業直後という間接的な年齢制限を課しているため、高校や大学のような再受験は事実上不可能である。再受験可能な学校はあるが、少数派であるため、転居をしなければ通学が到底不可能な場所であったりする。

全国統一小学生テスト

四谷大塚主催の日本全国の学習塾で一斉に行われる小学生を対象とした学力テスト。全国から「社会に貢献する人財」を発掘し、日本の将来を担う次代のリーダーを育成する。 それが、全国統一小学生テストの目的です。中学受験を志す小学生はもちろん、そうでない全国の小学生にも、あまねく受験の機会を提供することで、日本全体の学力をアップするためにも参加をお勧めします。

「さあ、競争だ」のキャッチコピーを掲げ、2007年度から実施されている。受験料は無料で、現在の試験会場は全国で約2000会場、民間が行う小学生の大規模なテストとしては初めての試みで、解答用紙はマークシート形式が導入されている。

受検教科は3年生は算数・国語。4、5年生は算数・国語・理科・社会または算数・国語・理科または算数・国語から選択。となっている。

2007年11月23日に行われた第1回の受験者数は、小学3年生が14,408名、小学4年生が17,284名、小学5年生が19,728名、となっており、小学生を対象にした民間のテストでは最多の51,420人が受験した。

また、2010年から2年生も参加できるようになった。解答方法は記述式になる。

実施日

毎年6月と11月に実施されている。試験日は6月実施分は同月第1か第2日曜日に、11月実施分は同月の国民の祝日(文化の日または勤労感謝の日、及びその振替休日)に設定される場合が多い。

過去実施日

  • 第1回 - 2007年11月23日
  • 第2回 - 2008年6月8日
  • 第3回 - 2008年11月3日
  • 第4回 - 2009年6月7日
  • 第5回 - 2009年11月3日
  • 第6回 - 2010年6月6日
  • 第7回 - 2010年11月3日
  • 第8回 - 2011年6月5日
  • 第9回 - 2011年11月3日

2style.net