コラーゲンの働き

最近話題のコラーゲンとはからだの中で皮膚や骨、軟骨、腱、血管などに多く含まれるタンパク質です。コラーゲンの主な働きは、からだの各組織がバラバラにならないようにすることです。また、水分を保持し、からだが干からびないようにする役割も担っています。さらに、肌のツヤとハリを保ち、骨にしなやかさと強度を与えます。もし、私たちの体にコラーゲンがなかったら、皮膚はボロボロになったり、すぐに骨折したり、血管から血液が染みでたりと想像するのも怖くなるようなことが起きるのです。コラーゲンのより大切な働きは、新陳代謝を促進させることです。コラーゲンの新陳代謝が高まれば、細胞の新陳代謝が活発になり、全身の新陳代謝も促進されます。このことによりいつまでも若々しい健康な体が得られるのです。コラーゲンには、アンチエイジング効果があるのです。例えば、骨密度を上昇させたり、育毛を促進させたり、美肌効果や関節痛の解消などです。肌の約70%を構成しているコラーゲンには、T型とV型の2種類あり、V型コラーゲンは、肌のみずみずしさと弾力を保つものなのです。このV型コラーゲンは通称ベビーコラーゲンともいわれています。V型コラーゲンは体内で自然に作ることができないのに、年齢と共に減っていってしまいます。お肌の曲がり角とよくいわれる25歳前後から急激に減り、くすみ・シワの原因になるT型コラーゲンにかわってしまいます。そんな悩みを改善してくれるのがアルマードの商品に配合されている卵殻膜なのです。

アクアレイナ※お試しはこちら アルソアクイーンシルバー アルソアの基本ケア アルソアのブランド アルマードと卵殻膜 コラーゲンの働き
Copyright © コラーゲンの働き All rights reserved
2style.net