アルマードと卵殻膜

アルマードの理念は「人間の生命を尊重し、楽しく、美しく、健康的な生涯を送るお手伝いができる企業でありたい」ということ。そのアルマードが私たちの健康的な生涯のために提供してくれているのが卵殻膜というものなのです。卵殻膜、聞いたことはありますか。卵殻膜は、卵の内側に存在する薄い膜のこと。わかりやすいのは、ゆで卵を作って殻をむいたときに薄い膜がありますよね、それのことです。卵殻膜は卵の中で育つヒナを保護し微生物から守る働きがあります。ヒナを守る卵殻膜が私たちにとってはどのような働きをするかというと、卵殻膜は人間の肌や髪の毛のアミノ酸組成とほぼ同じ18種類のアミノ酸でできていて、特にシスチンという美肌効果のある成分を多く含んでいます。また老化と密接な関係のあるコラーゲンを増やす助けをしてくれます。細胞を元気にする補酵素、コエンザイムQ10やヒアルロン酸などとの相乗効果で、皮膚の真皮に浸透し適度なハリと弾力を与えてくれるのです。ゆで卵についている薄い膜は、水に溶けにくいので吸収があまりよくありません。そこでアルマードでは、効果を有効にするために水に溶けやすいように卵殻膜を加水分解させたのです。加水分解することで消化・吸収されたものが、肌の内側である真皮層においてコラーゲンの生成を促進してくれるのです。

アクアレイナ※お試しはこちら アルソアクイーンシルバー アルソアの基本ケア アルソアのブランド アルマードと卵殻膜 コラーゲンの働き
Copyright © アルマードと卵殻膜 All rights reserved
2style.net