ゴルフクラブ選びの伝説

ロフトが同じ仕様

言うまでもなく、ロフトが同じ仕様でもモデルのちがいによって弾道がかなり異なることも珍しくありません。

ドライバーは複雑であることを理解しておく必要があるでしょう。無理に弾道を高くしようとするスイングをすれば思った以上に球は高く上がるものです。

はじめての一番気になるドライバーの選び方を書いておきましょう。

選び方の基本は自分に最適なものを選ぶことに尽きます。

その為、ドライバーの仕様のちがいについて正確に理解しておくように心がけましょう。ゴルフ市場の動きとしては毎年新しいスペックのゴルフクラブが販売されます。

けれども、基本的な素材などは変わりません。

パターは大体33~35インチ位の長さが 一般的に売られています。 身長が普通位の場合は 33~34インチ位が理想的だと思うし、 身長が高い人には 34~35インチ位の長めの クラブがオススメです。 ドライバーやアイアンに関しては プロモデルを初心者が使用すると 難しすぎて使いこなせないと思います。

しかし、パターに関しては プロモデルでも充分に 使いこなす事が出来るのです。

そうなると 新品にこだわる必要もなく、 中古のプロモデルでも 良くなってきます。 中古のパターを使う利点としては 良い物を安く手に入れる事が出来る事です。

中古品の購入で注意すべ聴ことは、ライ角と重量です。

自分の身長に合ったパターを選ぶことが必要だからです。

当然、中古ショップでもさまざまなサイズを可能な限り揃えて販売されていますから、ちょうどの商品も時間をかけずに捜し出せると思います。ゴルフクラブは重い方がボールは遠くまで飛びますが、ゴルフスイングできるだけの体力が足りないのであれば意味がないのは明りょうです。

ゴルフを始める際に困るのは手放せない道具であるクラブの品種が数えきれないほどあることです。

ゴルフはボールがある場所によって、最適なクラブを選んで打ちます。

ゴルフクラブのシャフトに巻くグリップはどうすべ聴かを紹介しましょう。

初心者の場合、グリップを選ぶという意識がないのも自然なことです。

グリップは棒状のシャフトに巻いたゴム製の握りです。近頃は革や天然ゴムに変わってコンパウンドを使うケースが増え続けています。

初めての人向けのゴルフクラブはセット販売されている商品がよくあります。

セットにして買うとトータルの値段は得する気がします。申すまでもなく、費用の掛かる商品が良質の商品と限った話ではありません。ゴルフクラブと呼ばれるものはたくさんのタイプがあり、どのようなクラブが自分に合っているのか正しく感じ取ることは非常に困難なことでしょう。

クラブを決める手順はネットだけではなく、GOLF MAGAZINEなどのゴルフ雑誌にも想像以上にわかりやすい解説が載っています。ここから情報を入手して、自分のやり方で勉強した方がよいでしょう。ゴルフクラブはルールで最大14本と定められていますが、最初の頃は、すべての種類は用意するまでもありません。

しかし、ドライバーやパターといった無くてはならないゴルフクラブはレンタルでも構いませんから揃えておきましょう。更には、キャディバッグも必要です。

もちろん、基本になる技術を知っておけば、ひどく不安になることはありません。

どんな道具を使用する事になっても、基本的なやり方は同じです。置いてある球を狙った位置に飛ばすだけだと割り切れば難しくありません。

ついにゴルフと言うスポーツを始めようとしているビギナーであれば、まずゴルフクラブという道具を手元に揃えることからスタートするべ聴かも知れません。

でも、ゴルフクラブをセレクトするのはレッスンプロでも難しい事かも知れません。ビギナーなら、レッスンプロの意見やゴルフショップで助言を細かくうけるとよいでしょう。

実際にどうやって選択すれば上手くいくのかという前に、どれだけのゴルフクラブの本数がなければどうしようもないのかを判断する事から出発点になるのです。

2style.net