ゴルフクラブ選びの伝説

愉快なのは意外な

ゴルフが愉快なのは意外なところにあるのかも知れません。

特別なテクニックではなく、自分の身体を使っていかにしてボールを思いどおりに打てるかが大切です。本当にゴルフの上手い人と下手な人のちがいとは何かわかるまで頑張ってみれば未来が待っています。

打ちっぱなしなどでレンタルしたゴルフクラブを見よう見まねで振ってみると実際の感覚がやがてわかるようとなるはずです。

いったん、ゴルフクラブを揃えてしまうと当面は同じものを使いつづけるしか道がありません。

エラーにならない買い物をしないようにクラブ選択には時間をかけましょう。女性の場合、色やデザインも気となるはずですが、人気の高いモデルならば多分問題はないでしょう。女性向けのものは以前は種類が少なかったのですが、上田桃子選手などの成績が目立ってきたので、日本のクラブメーカーも女性用の選択肢を拡大してきました。それだけ女性でもゴルフプレーを楽しむ時代になったのだと思います。年齢に合わせたゴルフクラブの選定方法が結果に大聴くか替ります。

そこで、実際にどのようなクラブを選ぶべきでしょうか。

どのゴルフクラブを眺めても差がないように見えますが、丁寧に見ていけばどこにちがいがあるのかがすぐにわかると思います。若いころにくらべるととっても体が固いので今よりも重いシャフトのクラブに交換すると、スムーズにスイングできることが予想されます。

思った程ドライバーショットは伸びないこともあるでしょうが、それは肉体的な限界だと納得するしかないので、クレバーなゴルフを楽し向ことが正しい道でしょう。

ミドルエイジと呼ばれるようになったらドライバーのシャフトの重さを心もち重くしましょう。

背丈にくらべて重いものを選ぶ方がスイングしやしのです。シャフトの材質は癖のない柔らかなものを選んだ方が良いでしょう。

高齢になってもゴルフプレーを元気につづけているゴルファーは少なくありません。

将来ゴルフのレベルアップをするためには、優秀なクラブも大切となるはずです。

セオリーばかりにとらわれているとゴルフができるワケではないことはわかっていますが、理屈を知っておくと正しいスイングを身に付くのが早くなります。ゴルフスイングのちがいは、こうしたセンシティブなバランスのとり方に基本があるのです。

中級レベルの人は使い慣れたゴルフクラブでも「近頃フックが目立ってきた」とか「池越えショットが乱れる」とか不満な点があるかも知れませんが、ポジティブに考えるとボールを掴まえられていることを表わしているでしょう。

それを改善するために手軽にゴルフクラブを交換してしまうゴルファーも見かけますが、昔から変わっていないこととしてはゴルフクラブで重要な部分はシャフトであると考えられると思います。

クラブのシャフトが硬いと飛距離は出るでしょうが、コントロール性能がとても難しくなるでしょう。重いゴルフクラブになると、体力にあふれていないとま伴に振り抜くことが難しくなります。

ショップで試打指せてくれるならば、思い切って試してみることも重要だと思います。ゴルフ初心者の場合、中古品のゴルフクラブでとりあえずはは十分だという主張にとってもの人達が同意するのではないでしょうか。

けれど、中古品を見るとシャフトが時間と共に劣化しているという見過ごせない問題があることを理解しておかなければなりません。最適なゴルフクラブと誤ったゴルフクラブのちがう点がわかるのは困難です。

ただ、変則的なゴルフスイングを普通にやってしまうことは絶対にやめましょう。

厳密に考えると体格や体力のちがいでクラブと言うものは変更しなければいけません。少なくとも、ドライバーのヘッドの重さや形状のちがいのせいで、当たったゴルフボールがどんな弾道を描くのかを理解しておくことは大切です。言うまでもなくトータルの大きさと重さも重要だと思います。

次に考えるのは、長身かどうかというところでしょう。

2style.net