ゴルフクラブ選びの伝説

初級レベルのゴルファーは

初級レベルのゴルファーは自分がどれくらいあるのかを把握している所以ではないと考えるのが普通です。

すると、無難な初心者用を選択することになるでしょう。

最初は癖のない弾道が得られるクラブだと感じられることが選ぶ条件です。

スタート時点のドライバーを選ぶときのポイントについてです。

クラブの種類に関わらず共通する点は自分のスタイルに合ったものを選択する事が大事です。

そのため、ドライバーの仕様がどうちがうのかしっかりと把握しておきましょう。

ゴルフ市場に対しては毎年新規のモデルが確実に発売されていますね。しかし、素材などは違っているのはごく一部です。

パターの場合はほとんど33~35インチの長さが 販売されていることが多いようです。

日本人の平均身長からみれば 適当な長さだと思えますし、 背丈のある方だったら 35インチを目安にした ゴルフクラブを選ぶべきです。

ゴルフクラブの中でもドライバーは 始めたばかりのゴルファーがプロ仕様を購入すると 難しすぎると思いますね。

とは言えパターの場合ならば プロ仕様のものでも苦にせずに 使用可能だと思われます。 その点からみると 絶対に新品に限定することもなく、 使い込まれた中古クラブでも 結果は残せると思いますね。

なるほど、中古品だったら 正規品でも割安に購入できることです。

クラブの本数は最大で14本と定められていますねが、練習段階なら普通の本数は用意しなくても困りません。ですが、ドライバーとアイアン1本くらいなどプレーに必要な最低限のクラブは準備しておく必要があります。

その次に、キャディバッグも用意しましょう。

クラブばかりに執着して用意しても使いこなせない見込みが避けられないでしょう。

だいぶおぼえてきてゴルフの楽しいところがなんとなくでもわかってきてから、程度の良いゴルフクラブの購入を考えましょう。

ゴルフ好きは日本には大勢いますねので、中古のゴルフクラブ市場は驚くほどの勢いです。

ゴルフを始める人には、中古品で十分だとの意見もあります。

勢いで上級者むけの製品を購入してもゴルフクラブの真価は実感できないため最初は中古品でも十分でしょう。

数年前に発売されたゴルフクラブでも中古品のクラブでも用をなすというのがごく普通の考え方でしょう。中古品のクラブは多少の傷があるにはせよ、それだけ格安で取引される仕組みです。

クラブの製造工程は満足できるレベルを維持しており、新発売のクラブと数年前のクラブとではそれほどちがいはないと言っても過言ではありません。過去の素材がその通り従来通りに使われているのです。

ドライバーで飛ぶ距離はアマチュアの男性で200から260ヤード、女性ならば150から200ヤードです。セカンドショットで使用する機会の多い3Wの場合、男性で180から230ヤード、アマチュアの女性レベルで120から180ヤードとなるんです。

ショートアプローチで使用するピッティングウェッジの場合は、80ヤードから120ヤードほどだと思えばミスありません。使用するゴルフクラブ次第で飛距離は結構違ってきますので、どのゴルフクラブでどこまで飛距離が出るのかをわからないと困ります。パターは大抵ボールが芝まで届いてカップインを狙う際に使用する、絶対に必要なゴルフクラブです。

パターの選定作業は実際に何度も素振りしてから選びましょう。中古品の中にも良い品が多いですし、詳しい人とともにショップに行きましょう。

なるべく慎重にパター選びをして、理想のパターを捜してみてはいかがでしょうか。新しいゴルフクラブに取り換えると従来のスコアが嘘のように突然h距離が伸びたという話を聞いたことはありませんか。ゴルフクラブには初心者用と上級者用があることを知っておきましょう。

自分の技術レベルを心得た上で、どう選ぶかを決めましょう。

ゴルフクラブという存在はあまたのタイプがあり、どれが自分にベストマッチなのか理解することは大変ん難しいことでしょう。

クラブの捜し方はゴルフの専門ホームページばかりではなく、GOLF MAGAZINEなどのゴルフ雑誌にも丁寧に説明されていますね。

確実な情報を吟味して、自分のやり方で習得するのが望ましいでしょう。試打させて貰えるとわかるでしょうが、ロフト1度のちがいでボールが描く軌道は大きく変わってしまうのです。

初心者の傾向として弾道を高くしようと意識した打ち方をするゴルファーがあちこちで見られます。

それを考慮すると、ゴルフ初心者には10度くらいのロフト角を選ぶとゴルフスイングが楽になるでしょう。

2style.net