チャットオナニー

 

見せ合いのオナニー 出会いはリアルだったんだよ。 たまたま、連れと飲みに入った居酒屋で女の子二人が肩並べて飲んでいて、店には俺たちだけ。これはお近づきになるべきだ!と酔っぱらった勢いで話しかけたら、向こうもお酒が回っていたのかノリが良くてね。そのまま、店を変えて飲み直しになったわけ。一人は長身の美人さんで、一人は小柄なデブス。デブス効果で美人が際立っていた。俺の狙いはもちろん美人の方だったけど、連れもいるからね。成人男子100人に聞いたら、99人は美人を選ぶはず。連れと取り合いになったらまずいなあ、と思っていたんだけど、連れはデブスの方とばかり喋っているんだよ。俺に美人を譲ってくれるのか?こいつ、結構いいやつなのかもしれない、って俺は美人へのアタックを開始したんだ。 で、店を出て連れと分かれた。連れはデブスの方を持って行ってくれて、俺は美人とツーショットだよ。何だか連れに申し訳ないなあと思っていたんだけど、もう一軒飲みに行って「何だか帰るのめんどくさくなっちゃった」とサインが来たので、これはもうホテルにチェックインの流れだよね? でも、結局思わせぶりな態度ばかりで何もなくてさ、タクシー拾われてさっさと帰られてしまった。楽しいお酒だったからよかったんだけどさ、もう一押し足りない自分が歯がゆかったね。 で、それっきりだったんだけど、連れに聞いたらデブスと交際が続いているらしかった。あれから、連絡先を交換してチャットオナニーする仲になっているんだと。正直、性格はよさげだったけど見かけは最悪、どこが良かったの?と連れに聞いてみたら、即座に「声」と言われた。まあ、確かに顔に似合わずかわいい声はしていた。連れは声だけでデブス持ち帰りを決めたのだそうで、今では毎晩、チャットオナニーをしているそうだ。 でも、やれない美人よりもやれるブスなんてのは美人を口説けない言い訳でしかなくてさ、片割れの方がよかっただろ?と連れに聞いたらあっさり否定された。「あの子はプライド高そうでチャットオナニーしてくれそうになかったから」だと。どんだけチャットオナニー好きやねん?と思ったが、目的達成した連れの方が勝ち組だよな。 セクスティングでオナニー テレフォンセックス掲示板

 

 

 

2style.net