2style.net

スズキRGV−γ(VJ22A)
(平成5年9月〜平成8年12月)


学生だった当時、2輪免許取得とほぼ同時に購入しました。
ワタシにバイクの魅力を教えてくれた一台です。
250ccのいわゆるレプリカバイクで、出力は45psでしたが
軽量ゆえにおっそろしく速いバイクでした。
ハンドル位置がかなり低く、短時間の走行でも
すぐ手首がシビれる代物でしたが、コイツとのツーリングは最高でした。
大学生最期の夏、テントを積んで2泊3日の四国一周ツーリングに行ったこともあり、
思いで深い一台です。

しかしこのカラーリング、今見ても惚れ惚れしますねぇ(笑
平成7年の秋、中国自動車道のとあるSAにて。
となりの赤いバイクは、弟のカワサキZZR250です。
2気筒4サイクルで、独特のサウンドをもつバイクでした。
トヨタスープラ3.0GT
(平成9年5月〜平成13年2月)


歴代とはいえ、4輪車はこの一台のみですが・・・。
3リッターシングルターボでカタログ馬力は240ps。
7年落ちで購入の為、正直そこまでのパワーはありませんでしたが
それでも十分速い車でした。

実は、こいつの購入にはちょっとした勘違いがからんでおりまして・・・(^_^;)
ワタシは当初、いわゆる80スープラ(JZA80)を探していて
ディーラにも探してもらっていたのですが
ディーラーマンには、「3リッターのスープラを探して下さい」と言ってました。
要するに、僕は70スープラの存在は知っていても
3リッターの70があることを全く知らなかった訳です。
そして数日後、「いいスープラが見つかりましたよ」と言われ
見にいったのがこの7Mスープラだったわけです。
最初は即断るつもりでしたが、試しに乗ってみると
年式の割にはキレイで、パワーも申し分なかったため
思い切って購入してしまった訳です。

100%街乗りでの使用でしたが、今考えたらこれを買って正解でしたね〜。

社外パーツ

マフラー(タナベ ハイパーメダリオン)
エアクリ(HKS)
サス(タナベ)
ショック(ビルシュタイン)
リップスポイラー(チャージスピード)
ホイール(共豊コーポレーション サーキュラーGTA)
タイヤ(YOKOHAMA M7R)
ヤマハXJR400R
(平成11年5月〜同年12月)


いわゆる「ペケジェイ」ですね。
ホンダのCB400SuperFourとどちらにするかかなり悩みましたが
これまた程度の良さにひかれて購入しました。
結婚資金調達の為、結局半年しか乗ることができませんでしたが
コイツもトルクフルで楽しいバイクでした。。
γとは違う乗り味が欲しくて買ったネイキッドで、
初めはフロントカウルがなくって怖かったですが
やはりレーサーレプリカとは違い手首への負担は少なくって助かりました。
でもその分お尻が痛くて辛かったですが(笑)
四国にももちろん行きましたよ〜
二度目は弟(ホンダNSR)との二人旅。これまたサイコーでした。

ちなみに、リアのサスペンションにはなんとオーリンズの複筒式が入ってます。いいなぁ。