2style.net


カロッツェリア製リアカメラ装着

実施日:平成19年8月5日

〜後方の視界を確保しよう!〜


購入動機

前回の悪さ(バーフェン装着)に比べると、今回はちょっとマジメです(w
とはいえ、動機は単純で、そのものズバリ

「バックの際に後ろをもっとよく見たかった。」

これにつきます。

バックする際、後方確認はイヤというほど行ってはいるものの
やはり死角は存在しますし、
もしそこに小さい子供がいたら、と考えると・・・コワイですよね。


要するに、小さい子をもつようになってはじめて
そういうことを考え出すようになった、という訳です(^^;



・・・遅すぎ?(w


取り付け作業

今回の作業は、最近みんカラで知り合った(?)hiro...kさん(以下H君)の監修の元で行いました。
ちなみに、カメラ自体の発注も彼が行ってくれたのですが
カメラの種類についても完全におまかせでした。

というのも
事前にヤフオク等でリアカメラをチェックはしたものの
種類が多い上にスペック的なことも全然分からない・・・
なもんでここはいっそのこと、経験あるH君に任せた方が確実だろうと考えた訳です。

で、彼が選んだのがカロッツェリア製のND−BC2
ヤフオクでチェックしてたモノよりもちと高価ですが
彼曰く「絶対コレがオススメ」とのこと。


その理由は後ほど・・・



というわけで、早速作業開始です。


まずはナビの配線を行うため、メーターパネル周りを外します・・・が
実に4年ぶりの作業なので、やり方もうろ覚え。
結局、自分のHPを確認してビス位置を確認しました('Д`)

上3本はすぐ分かるんですが・・・右下に見えるポイントが曲者ですねぇ。
で、この4本を外してしまえば、後は引っ張れば外れます。


・・・今度こそ覚えておこう(w


続いてナビを外します。
こちらは左右のビス2本で留まってるだけですので、問題ナシ。



で、ようやっとでてきたナビの裏側ですが・・・
思わず笑ってしまうほどゴチャゴチャでした(笑
イエロー○ットのやっつけ仕事ぶりが手に取るように分かります(- -#)

カメラの配線は、電源をナビ本体に割り込ませる他は、
写真中央の映像用AV端子の他に、バックを感知するケーブルを繋げるだけです。

しかし・・・


なんと、バックに繋げるケーブルが切られたまま放置(写真中央の紫の線)されてました(怒
いくらナビ装着時に必要ないとはいえ、これはあんまりですよね。



というわけで、新たな線をコイツに繋ぎなおし(右)
電源(映像兼)ケーブル(左)とともにナビシート足元から引っ張り出します。

電源ケーブル及びカメラのケーブルは付属の電源ボックスに繋ぎ
後ろに線を引っ張っていきます。


後ろまでの配線は
H君が頑張ってくれました(w

リアドア付近までケーブルを這わせた後は、
リアシートの下からトランクルームへ引っ張っていきます。
というわけでリアシートを外さねばならないのですが・・・

またしてもやり方を忘れてしまったので、
またしても自分のHPを確認(笑

カメラの配線は、悩んだ挙句テールランプを外してその隙間から
配線することにしました。
テールランプ自体は写真右の2本と左奥(写ってませんが)の1本のナットで留まってるだけですので
簡単に外れます。


あと、ここで先ほど繋ぎなおしたバックの線を
バックランプのケーブルにかませます。
要するに、バックランプの点灯を感知して、リアカメラが反応するというわけです。


と、いうことをH君に教えてもらって初めて納得(^^;

いやぁ、こういうことを一つ一つ理解していくのが、シロウトにはなんともいえず楽しいです。


貴重なテールランプレス写真です(w
今回もキッチリ撮っておきました(^^;

せっかくなんで汚れをフキフキしてると
H君に激写されました(゚Д゚)


というわけで、
こんな感じでカメラを出してきまして・・・


装着!

両面テープ留めなの気楽にやっちゃいます。

さっそく動作確認してみると・・・

おおっ!バックに入れるとちゃんと写ります(^-^)


ちなみに、中央の被写体が今回手伝ってくれましたH君。
ご本人は目線ナシでの作業レポ出演を希望されましたが
「品位を保つ義務」があるため、あえて目線入りで(w


インプレッション

後日、広角レンズの性能を試すべく
撮影可能位置を確認してみました。

こんな感じのポジションでも・・・


バッチリ写ってます(・∀・)


しかし、更に驚いたのはコレ↓

なんと、夜間でもこの明るさ!
実用性はかなり高そうです。


実はこれが、H君がこのカメラを選んだホントの理由だそうで。


H君曰く「カロッツェリア製は夜間の視認性能が抜群」らしく
本人もかつて他社製品を装着したものの、
夜間使用時があまりにみづらいので
すぐ売ってしまったとか・・・


確かに、これだけ見えれば安心ですね〜


というわけで
ありがとうH君!


ワタシャてっきり

「ナビがカロだから一緒の方がええやろ〜」

ぐらいの理由で
カロッツェリアを選んだのかと思ってました!(ヲイ


またヨロシクね〜