ヴィダロームと香り

ヴィダロームはロート製薬が考えるアロマです。ロート製薬と聞くと薬というイメージが強いですがアロマにも関わっているんですね。アロマとは?アロマは芳香という意味。しばらく前から話題になっているアロマセラピーのセラピーは治療のこと。アロマセラピーは、芳香治療ということです。漢字で書くと堅苦しい感じがしますね。アロマセラピーは、ハーブや果実の持つ自然の香りの成分を利用して、心と身体のバランスを整えるという療法です。人が本来持っている治療力を高めたり、心のケアをしたりすることに活用できるのです。アロマセラピーにはエッセンシャルオイル(精油)が使われます。香りを感じるということは、空気中にある香りの成分が呼吸と共に身体に入ると、その香りを情報としてキャッチして臭いを感じる神経を通り、大脳に伝えられ意識として香りを感じます。どうして香りが私たちの身体に作用するのかというと、その香りが好きな香りや嫌いな香りなどの感覚の違いによって、快・不快などの感情が生まれます。香りの成分は呼吸によって肺に到達し、肺にある静脈などからも吸収され、身体に影響が与えられます。アロマセラピーで使われるエッセンシャルオイルの香りの成分も、鼻から情報が大脳に伝えられ、また呼吸によって静脈などからも吸収されていきます。

京乃雪はこちら イムダインと浄化 イムダインと強化 イムダインと緩和 ヴィダロームと香り ヴィダロームとアロマ
Copyright © ヴィダロームと香り All rights reserved
2style.net